2009年07月08日

ひたぎの恋はホッチキス! アララギのなく頃に

 西尾維新作品は全部読んでいる!なんて程徹底してはいませんが、『戯言シリーズ』全巻『化物語』シリーズ全巻『刀語』全巻『ザレゴトディクショナル』『零崎双識の人間試験』『ダブルダウン勘繰郎』りすか1巻きみぼく1巻を読んでいる程度には西尾維新ファンである自分としては、『化物語』アニメ化と聞いた時の第一声は「無茶な!」でした。
 西尾維新作品というのは活字であることを大前提とした表現が非常に多く、映像作品でそれらを活かせるとは想像し難かったからです。
 しかし、『まりあ†ほりっく』のアニメで初めて新房シャフト作品に触れた(遅!)時、「なんという西尾テイストな演出!」と驚き「これならいける」と確信。今日まで楽しみに待つことができました。

 というか、待ちきれなくて夜中に起きて観ましたしな!
 そしてさっきもう一度観ました。

 いやあ……期待に違わぬ出来。大興奮です。
 冒頭に『傷物語』のダイジェストを持って来たのは驚き。しかし納得とともに歓喜です。
 羽川翼こそ正統なるヒロインであることを教えておく必要がありますからね。
 春休みに、阿良々木君が尋常ならざる怪異に遭遇していたことが伝わりますからね。あれを知っているかどうかで色々と印象が変わるかもしれません。

続きを読む
posted by nekome at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月30日

ある!けど、ない!

 や、やった! 懸案だった車検の部品代が、予想を遥かに下回りそうです!
 まだ正確な金額は伝えられてないんですけど、特に金のかかる部品は壊れてなかったそうで。古い車ですから、かなりの出費を覚悟してたんですよねえ。
 どれぐらい古いかというと、ハイブリッド車に乗り換えると思いっ切り減税が受けられるぐらい古い(^^;
 ……車ないと生活できない地域ですし、次の車検までには、新しい車のことも考えとかないとなあ。今乗ってるのは完璧に身体に馴染んでるんで好きなんですけど。

 ともあれ、この時期、懐に余裕ができたのは嬉しい!
 コミケに向けて色々入り用ですからね。
 そ、それに、最近購入を控えていたエロ漫画とか! 今のうちに読んでおきたいものが沢山!

 ――と浮かれていたのですが、『電想幻士ミルキューア』が入荷しない……。
 今日記事を書けるもんだとばっかり思ってたのに。
 先日も『こえでおしごと!』2巻を買うために駆けずり回ったばかりですし、仕事に疲れた体で遠出は辛い。ガソリン代も時間もタダじゃないんですし。
 特に最近はマイナー本の入手に苦労することが多くて、田舎で書店を大事にすることにも限界を感じつつあります。
 ネット販売への依存度を高めるのもやむなしなのかなあ。
posted by nekome at 20:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月28日

朝イチでヱヴァ破!

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」観に行ってきたよ!
 当然じゃないか!

 あ、ひとまずネタバレはしないから安心してくれ!

 西尾維新も言ってますけど、うちらの世代に対するエヴァの呪縛というのは恐ろしいもんがあります。
 それでも、「序」の時はまったく期待してなかったんですよねー。TVシリーズ何回も見返して、劇場版も両方2回観に行って、食らい尽くしたうえで何年も経ってるんです。期待しろって方が無茶です。
 「まあ綺麗な総集編ってとこなんだろうな」と、半ば確認作業のような気持ちで映画館に向かったのですが……。
 そこで何が起こったのかは、今更語るまでもないでしょう。
 予告が終わった直後の劇場内のざわめきは忘れませんね。とにかく凄い熱気で、皆喋らずにはいられない状態。慌てて並んだパンフ売り場も長蛇の列でした。
 まったく期待せずにしかも1000円で観た映画であんなに興奮できるなんて、自分はなんて勝ち組かと思ったもんです。
 
 あれを経験してしまった以上、期待するなという方が無茶です。
 終わった後に混雑するのはわかりきっているので、パンフもあらかじめ購入して即座にバッグに封印(いや、そもそもシールで念入りに封印されてたんですけど)。
 準備万端で席に座りました。

 とはいえ、今度は期待値が上がり過ぎてしまったことへの不安があったのですが……。
 全力で応えてくれたし、全力で裏切ってくれた。
 まさに、「序破急」の「破」にして「破壊」の「破」。
 細かいことを語るのは、適任者が他にいくらでもいるんでそっちに任せます。
 はっきり迷わず言えるのは、我慢せずにすぐ観に行ったのは大正解だということ。食い入るように観ていたので、水分を摂る余裕も、時計を見る余裕もありませんでした。劇場から出た後、もう一度チケット売り場に並ぼうか本気で悩みましたしね。
 …………レイトショー行っちゃう?
(追記:行きました(爆))

続きを読む
posted by nekome at 14:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月29日

だらだら日記 最近のアニメとか整理とか

 きょ、今日は3時半起きだったから流石にへろへろです……。
 でも、あとは日曜を乗り越えれば楽になるっ。

 
 東京からは一週間遅れでハルヒの「笹の葉ラプソディ」放送。
 いやー相変わらず見せ方上手いですわ。ただエピソードなぞるだけじゃ、こんなに面白くなんないと思うんですよね。作画クオリティが高いのも重要だとは思うんですけど、やっぱり演出こそ京アニの力でしょう。
 ――なんてこと言うぐらいだから京アニ好きなのは確かなんですけど、再放送部分は一切観てなかったり。
 いやだって、映像作品っていうのは必ず一定時間拘束されてしまうわけですから、そうホイホイ大量には観られないですよ。新規作品でもどれを切ってどれを残すかで毎回悩み、というか1話も観ずに諦めることだってあるのに、再放送まで観る余裕はありません。
 その点で、内容はともかく今回の放送形態にはあまり好ましい感情を抱いてないんですよね。余裕のある視聴者のおかげで負担を強いられずに済んでますが。

 今期一番熱心に観てるのが「宇宙をかける少女」。
 次点で「けいおん!」ですかね。
 2週遅れは痛いです、CBCさん。周囲の話題にまったくついていけません。
 そしてクリスマスの回、録画し忘れた……!orz
 文化祭や新歓じゃなくて良かったと思うべきか。
 「ふわふわ時間」は放送観てから注文したので、今日届きましたー。

 ほぼ同率で「戦場のヴァルキリア」。
 最初の印象が微妙だったグレゴール中将ですけど、自身の未熟さを認めるような台詞を言っているところには萌えてしまいました(^^;
 でも抱かれるんならイェーガーの旦那が(爆)

 
 今月読んだラノベが7冊。
 そして、今月読んだエロ漫画も7冊か……。どんなバランスだ(^^;
 ああ、でもシルエットさくらさんの単行本も買わないとなあ。くうっ、出費と棚スペースが。

 そう、本棚の空きが非常に厳しいのですよ。
 エロ漫画は版型も大きいですし、100冊を超えたあたりから本気で置き場に困るようになってきました。
 まあ、一般向け漫画とラノベがそれぞれ4〜5倍あると思いますので、そっちの方がスペース食ってるんですけどね。
 というわけで、最初の数巻だけ買って止まってしまった漫画を思い切って諦め、28冊縛り上げました。
 よし! これであちこち適当に突っ込んであった最近の新刊を収められ――あれ? 前ヨリギッチリ詰マッテ見エルヨ?

 本棚の整理ついでに、ブログのカテゴリも整理。
 TSモノと、それ以外の本への感想をカテゴリ名でちゃんと区別できるようにしました。
 いやー元々はTSファンが見に来ることしか考えてなかったんですけど、最近そうでもなくなってきたもんで。不親切なまんまじゃ拙いかなあと。
 あと、「その他読書日記」も一般向け作品と成年向け作品に分離。
 うん、エロ漫画の感想が増えてきましたし、明らかに今後も増えるんで、流石にいっしょくたはどうかと思いまして。

 さて、エロ漫画といえば、アレを書かねばなあ……。ただの晒し者に終わるかもしれんが(謎)
posted by nekome at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月16日

むにゃむにゃと考え中

 「Phantom〜Requiem for the Phantom〜」のクロウディアの肢体が妬ましいnekomeです。
 見せ付けるような格好しやがって。くそう。


 精神的なヤマはひとつ越えたのですが、平日に体がキツいのは続いていたり。
 あと2週間……!
 しかし月末に晴れてくれなければいかんのです。……今年は延ばさんでくれっ。


 そろそろブログに載せる用のSSも書こうかなと思っていて、憑依モノと変身モノの短めなネタが新たに浮かんでたりするのですが、明日の予定が読めない……。
 まさか本格的に雨が降る中で労働させられることはないと思いたいですけど。
 家にいられたら、SSに取り掛かってみましょうかね〜。

 そうそう、明日といえば、「入れかえ魂」さんと、あさぎりさんのDL同人作品が取り扱い開始予定だそうで。
 偶然同じ日になったそうなのですが、ちょうど良いので両方買わねばっ。
 DLsiteの取り扱い状況に要注目です。

 
 TSサイト以外でお世話になってるサイトもだいぶ増えてきまして、こちらもトップからリンクしておきたいなとは思っているのですが、表示の仕方でちょっと悩んでいたり。
 いっしょくたに並べるのも紛らわしいかもしれないので、少し間を空けて表示するか……?

 ――などなどと考えながら、念のため今日も早めに寝ようかと思っているのでありました。
posted by nekome at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月12日

キミは美味い酒が飲めるかっ!〜TS語りin戦国都市〜

 10日の日曜日は、名古屋にて小規模ながらも濃いいオフ会に参加してきましたよ(^^)
 参加者は、GOLGO31さんゆすら榛梧さんLITさん、nekomeの4人。

 ネットを介しての絡みはあったものの、わたしは全員と初対面だったのですが、集合もスムーズ。もうあっという間に打ち解けられましたね!
 友人からは「その面子なら何話すのも遠慮いらない(笑)」と言われていましたが、まさにその通り。合流直後から会話が弾む弾む。
 ゆすらさんから「最初のうちは女の方だと思ってました」と告白されるなど、最高の滑り出しです。
 あ、この場合の「女っぽさ」は多分「淑やかさ」とかじゃないんで、要注意なんだぜ(爆)

続きを読む
posted by nekome at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月03日

ラノベサイト管理人が美少女に?!『らのさい!』

 『LA文庫、創刊!』(うさ道)

 反応せずにはいられない(笑)

 ライトノベルサイト管理人連合、通称「ラ管連」の方々が、杉井光さんの『ばけらの!』を受けて
「作家がみんな美少女になるのなら、サイト管理人だって美少女にしたっていいんじゃね?」という冗談で盛り上がったことから作られてしまった同人誌です。
 『らのさい!』そのものは目にしていませんが、『ライト/ノベルサイト “lanosai! side material』は冬コミオフ会にていただきました。実に楽しそうな企画だと思ったもんです。

 べ、別に羨ましくなんかないんだからねっ!



 嘘です。こういうネタ企画に参加できるのって凄く羨ましいです。
 まあ、こういうのは普段「あー畜生、萌えキャラになりてえなあ」とか馬鹿なことを言ってない人たちを集めてやるから面白いんですけどね(^^)
 そもそもうちをラノベサイトと呼ぶのは無理がある。

 しかしLNFで頒布かあ……。今日LNFなんですけど、当然のごとく行けてないんですよねえ。行きたかったなあ。特にアサウラさんのお話は聞きたかったのになあ。
 今日は3時45分に起床しておつとめだったのですよ。
 眠い。死ぬほど眠い。
 俺、もう1件……メールを送ったら、寝……
posted by nekome at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月30日

全力で休め!(夜は)

 今週末、というか明日の早朝から日曜日にかけて、ちょっとしんどい状況でして。
 メールのチェック&返答が滞る可能性が高いです。予めご了承くださいませ。

 今日も22時前には寝なければ。うあー。
 ……うちの職場には関係ないとはいえ、世間的には大型連休だというのに公的な予定を捻じ込むのってどうかと思う。参加してほしいのかほしくないのか。
 

 ううん、『ミカるんX』3巻や『女装少年アンソロジー』の感想を書きそびれたままですねえ。
 あ、後者は「プラナス・ガール1.5」が一番のツボであります。
 抱きしめちゃうよ! そのまま押し倒しちゃうよ!
 そんな挑発して貞操守れると思うなよおおおおっ。
posted by nekome at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月16日

疲労蓄積中……

 ようやく、愛知でも今夜から「けいおん!」が放送開始です。
 なんか一気に話題になっちゃって、かなりの置いてけぼり感でした。これだからCBCは。
 それにしても、かきふらいさん出世したなあ……。

 
 22時半には寝ないといけない日が続いているのですが、眠りが浅いのか、疲労がかなり溜まっています。
 くおお、もっと時間が欲しい。
 あと、もっと力が欲しい。もっと他人の力が!


 まだ当分、ブログでの貢献が出来ない日は多いままですので、みのむーさんのアンテナあたりを活用して、元気のあるTS関連サイトなどを巡っていただければと思います。新しいサイトの捕捉率が高くて、使い勝手が良いですよ。
posted by nekome at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月01日

うちにはエイプリルフール企画はありませんけれども

 やった小林泰三新刊『臓物大展覧会』(角川ホラー文庫)出てたーっ!
 ああもういつ読もう! 収録されるの待ち遠しかった作品もあるよ! ああもう時間ないよう!

 ……あんまり嬉しかったんで書いちゃいましたけど、多分、ここに来る人の殆どが縁ありませんよね。小林泰三さんの作品(^^;


 ところで! 今日「境目のない世界」第2話を目当てに『ペンギンクラブ』5月号を買ってきたんですが、幾夜大黒堂さんの新刊宣伝ページに、ここへアクセスすべしとの「緊急告知」が。
 やってくれるぜペンクラーっ!(笑)
 ちゃんと発売日に買って良かったっ。

 ところで、満夜大墨堂代表作は『姉と女装とエロ漫画家稼業』ではないかとツッコんではダメですか(^^)

(※追記:既にリンク先を見ても痕跡は消されていますが、幾夜大黒堂さんのブログに行けば、まだ跡地が残っています)
 

 エイプリルフール企画とかやれたら面白いんでしょうけど、うちでやる余力はないですねー。毎回気合入ってるサイトとか、凄いですわ。完全に騙されたこともありますし。
 けど、今までで一番面白かったのは、実はサイトのそれではなく、刀――いやいやなんでもないなんでもない。
posted by nekome at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月31日

いよいよ忙しくなります

 4月・5月はちょっと忙しい時期でして、朝が早い日が多くなります。
 必然的に、就寝時間が早めに。
 ああ自由時間や作業時間が……。ちとキツいですけど頑張らねば。


 相川有さんの『WIZARDS NATION』(バーズコミックス)、やっぱり終わっちゃいましたねえ。
 この方の作品はもう少し長く読みたかったのですが。
 異能サバイバルものなのですが、時折中年男性同士がいちゃいちゃしてたりとか、不良少年たちが妙な絆つくってたりとか、百合っぽい女の子たちがいたりとか、そんな所にばっか反応してしまいました(爆)
 「裏切りすら甘い」ってのは重傷ですよ透子さん……。わたしが保証するヤバさです(^^;

 いや、かなり面白いんですよ?
 あとイヅナ娘が可愛いです。

 ところでこの漫画には、とある事象の中心にいたせいで、融合してしまった青年と少女が登場します。
 青年の姿をとる時間と少女の姿をとる時間があり、それぞれ、自分の姿をしている時にだけ体の主導権を持っています。ただし、相手の姿の時にも意識はあり、両者間で会話も可能。
 つまり、少女の姿でいる時にも、体は動かせなくとも青年の精神が同居しているわけで……。
 彼がその状況を楽しんでいたのか、ちょっと気になるところです(^^)
 まあ、人を操る能力を持っていながら、それをやらしいことに使っている様子はなかったんで、わりとどうでも良かったのかもしれませんねー。ちっ。
 てなわけで、TS要素があると言えばあるのですが、それを理由にオススメしようとは思わなかったりします。
 相川有さんのノリが好きな人なら買い、というかそういう人はもう買ってるかも。

 女装好きな人になら『バタフライ』(全5巻)を推すんですけどねー。
 ……って、これもまたアレを本当に「女装」と言えるのかどうかは悩み所なのでした(汗)
 まあ、女装少年モノとして楽しむことは充分可能だと思います。
 キスとかキスとか。

 それにしても、相川有さんは挿絵の仕事だと渋い印象なのに、自身の漫画となると途端に趣味に走る傾向が感じられて――大好きです、ええ。
posted by nekome at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月26日

燃料補給・暖機運転完了

  『NIGHTMARE MAKER』に出てくる夢見装置が欲しいnekomeです。
 ――こっち側に戻ってこなくなる気がするけどなっ!
 そこまで行かなくても、創作エネルギーとか吸い取られそうですよねー。

 
 同人誌の委託再販、『Teiresias vol.01』は2月に委託したvol.02の倍納品したんですが、まさかの通販即日完売(汗)
 まあ、店頭に回す分も前回より多いわけですから、まだ暫くは店頭在庫があると思いますが……。
 こちらの認識以上に需要があったんですねえ。
 vol.02の方はvol.01以上の数を納品しているので、さすがに当分持ちそうです。

 
 昨夜はテレビ愛知が深夜アニメの放送時間を30分ずらしてくれやがったせいで、『とある魔術の禁書目録』最終回と『宇宙をかける少女』第12話が被るという悲劇が。
 いっそ睡魔に身を委ねて片方を諦めてしまうという考えも頭をよぎったのですが、悩んだ末、禁書を録画予約したうえで頑張って起きて、宇宙かけをリアルタイムで観ることにしたのですが――
 眠りを中断してまで観たかいはあったよっ!
 なんという急展開。思いっきり重要な回じゃないですかっ。
 まさか、たったの一戦でここまで追い込まれるとは……。この戦況を覆せる気がしませんよ。
 そして重要なのは、高嶺の洗脳。
 喋ってくれると言うことなかったのですが、あれだけでも充分にご馳走です。
 「操られた女の子に酷いことされ」萌えですからねっ!!
 普段優しげなお姉さんが、冷たい表情で苛烈な攻撃を仕掛けてくるというのはたまりません。むふう。
 おかげで再び眠りにつくのが大変でしたよ(^^;

 アレイダの正体が、本来獅子堂陣営の人物(先代「宇宙をかける少女」?)であるはずの「神楽」であるというのも気になるところ。
 彼女も洗脳されているのか。それとも獅子堂家も知らない真実があるのか。
 なんにせよ、味方であるはずの美女に刃を振り下ろされるというのはたまりません。くふう。

 滅多に補給できない大切な栄養分が摂取できたところで、そろそろ執筆モードです。
 暫くは更新ペースが緩やかになるかもです。
posted by nekome at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月18日

『現代視覚文化研究vol.3』買ってきたよっ

 先日のネットラジオで紹介された、「〜はじめてのエロマンガ・ガイドライン〜行こう、エロマンガの世界!」が目当てです。
 たまごまごさんへどばんさんが書いてるとなれば、そりゃ買うっきゃないってもんです。お二人のレビューはいつも参考にさせてもらってるんですから! あと、へどばんさんはもっと自信もって良いと思うよ! 過不足なく詰め込まれた情報と的確な評は、間違いなく役に立ちますよっ。

 そして、うさくん先生の漫画も載ってる……だと?
 凄え。何がどう転がればそんな企画が実現するんですか。
 漫画の内容は、はい、凄くうさくんでした(笑)
 ちなみにわたしは、最初っからレベル3。一般書店で買ってまっす!
 いや、ネット通販とか使い始める前から買ってるから、今更恥ずかしがっても仕方ないというか。専門店も遠いですしね。
 エロ漫画単体でも平気で買いますので、狙ってサンドイッチ買いをすることもありません。
 ……素でカオスな組み合わせになることはよくありますけど(男性向けラノベ、少女小説、TRPGリプレイ、少年漫画、少女漫画、青年漫画、エロ漫画を全種同時に買ってたりする)。

 単行本のオススメに入る前に、いくつかのエロ漫画雑誌の特徴を紹介したのは上手いと思いましたね。
 そっか、この辺の雑誌にはそういうカラーがあったのか……。
 毎月買ってる『COMIC LO』や『コミックXO』、たまに買ってる『コミックアンリアル』ぐらいしか、雑誌の特色は把握していませんでしたからね。
 初心者向けの記事ということを考えても、有用な情報でしょう。

 傾向別のエロ漫画紹介、「物語重視」の作品は結構手持ちのものと重なってますけど、「エロ重視」で紹介されている作品は殆ど持っていませんねえ。
 ふうむ、そろそろ『TAKE ON ME』を押さえておこうか。いや、『Witchcraft』も前から気になってたんだよなあ。
 ……すぐに買え? いやいや、今月はもう6冊買ってるもんで(汗)
 
 この『現代視覚文化研究vol.3』では「教科書に載らないエロライトノベル史」というタイトルで、ジュブナイルポルノや、エロ寄りライトノベルの歴史も解説されていますね。
 参考になる引用もふんだんの8ページですので、この辺りに興味のある方は読んでみると良いのではないかと。



 そういえば、ちょうど1年前のこの頃に、本格的にエロ漫画を買い漁り始めたんですよね。
 それまでは、TSやMC関連の該当情報があった本を買ったり、その過程でハマったおがわ甘藍さんの本を買ったり、書店で電波を受け取った時に買ってたぐらいだったんで、たいした量は読んでいませんでした。
 けど、1年前に自分でエロSSを書き始めたら、急に他の人のエロ表現が見たくて仕方なくなったんですよね。
 アウトプットを始めたせいか、インプット欲が猛烈に高まったみたいです。
 特に絵! 絵が欲しい!
 頭の中にエロ絵が充分量あるかどうかで、執筆意欲が変わってくるのです。文章だけじゃ足りなくって、絵を脳内に仕入れる必要があったんですよ、エロに関しては。
 去年の春頃はまだ、「これは勉強だ! 燃料だ!」と自分に言い聞かせながら買っていた気がします。
 いや、エロだと胸張って買えないって意味じゃないんです。エロゲに出会った時に「18禁表現の可能性」はしっかり味わっておりますし、エロ漫画も「漫画」であることに何の変わりもないと思ってましたから。
 ただ単に、出費に対する言い訳をしていたのです(^^;

 そして、拙いながらもエロ文を書くようになってから読んだエロ漫画は、今まで以上に魅力に満ち溢れたものになっていました。
 感心の連続。感動の連続。
 こういう見せ方があるのかっ! ここの描き方、凄えっ!といった具合に、脳内で大騒ぎです。
 以前ほど気楽には読めなくなったかもしれませんが、それまで気付けなかった見所がいくつも目に入るようになり、読む楽しさはぐっと増しました。
 月4〜5冊買うようになり……何時の間にか、完全にハマっておりました。
 最早勉強とか燃料とか抜きでも「読みたいから読むっつーか読みたくて読みたくて仕方がない」状態です。
 物語重視の作品も、エロ重視の作品も、属性が合致した作品も、全部大好きです。

 だから、ほら。
 お金と本棚(を置く場所)を、ぷりーず。
posted by nekome at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月16日

ラノベ読み、カードゲームオフ

 昨日は極楽トンボさんの呼びかけで、愛知県在住のラノベ読み5人でプチオフなぞをやってまいりました。
 愛咲優詩さんのブログに詳しく載ってますねー(「宇宙かけ」はバカで良いものです、うん)。
 トンボさん、N.Nさん、ni-toさんとは、これまでも突発的にこうやって少人数で集まってたり。居住地が近いってのは嬉しいことだ、うん。(逆に東京のイベントにはそう気軽に行けないわけですけど)

 とらのあなでは、近所にないエロ漫画数冊のみ買う予定だったのに、うっかり同人フロアに足を踏み入れたら、買い逃してた『空の境界 未来福音』やら、珠洲城くるみさんのうみねこ同人誌やら、中村哲也さんがライアー会報に載せてた原稿をまとめた本やら……。
 くっ、予定外の出費が(汗)

 カラオケボックスでは、大半の時間を、メインイベントであるカードゲームに。
 愛咲さんも書いてますが、「6ニムト」は実に面白かった!
 展開はスピーディだし、それなりに駆け引きがあって、でもすぐに期待が裏切られたり、逆に危機をあっさり回避できたり。予想外の盛り上がりとなりましたね(^^)
 あと、わたしの引力が凄いことになってて、もう底なし沼状態でした。お持ち帰り連発で、恐ろしい点数に……。ここまで来ると、もう笑えてしょうがない。
 点数表は、こんな感じ。

極楽トンボ 12、 8、 9、 2
愛咲優詩   7、14、15、 8
N.N     12、17、16、 4
ni-to    20、22、 5、18
わたし    18、17、11、47

 点数が多いほど悪くって、合計66点を越えるとアウトです。途中までヤバ目だったni-toさんがギリギリで逃げ切って、わたし一人がドボン。ていうか、なんだ4戦目の47点って。過去3戦の点を上回ってるとか、もうネタとしか思えませんよ(^^;

 うん、このゲームはまたやりたいなあ。

 あとはラノベ(&アニメ化作品)絡みの話やオフレコ話とか、カラオケも少々ー。
posted by nekome at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月13日

謎の被検索件数

 なんか、最近「Ts-complex.2nd」で検索かけてウチに来る方が多いんですけど、何があったんでしょうね?
 暫く前にも一度この現象が起こって、一旦収まったんですけど、ここ数日また多いんですよねー。332件中141件ってのは、流石に異常な数字だと思うのさ(汗)
 いや、検索順位的に、「Ts-complex.2nd」で検索した人の多くがウチに来ること自体は自然なんですが、なんでそんなに「Ts-complex.2nd」が検索されてるのかな、と。
 別にサイトに繋がらないわけでもないですし、閉鎖されたわけでも移転されたわけでもない。
 どっかの掲示板で話題にでもなってんでしょーか。
 けど、ウチのサイトに来ても、最近の情報は何もないですよー(^^;
 わたしが知ってることといったら、あさぎりさんは今も元気に創作活動中(のはず)だということぐらいです。

 ところで検索といえば、「館長」&「凪庵」でググった時、ここがやたら上位に表示されるのはどうかと思う(爆)
 最近の飲み会オフレポ絡みで検索かけてるのかもしれませんが……何もないよ! ウチに来ても何もないよっ。
 親しいわけでもないですしねっ。
 館長さんもじゃこうねずみさんもすめらぎ琥珀さんも凪庵さんも、コミケで本買う時に一度お会いしたことがあるぐらいだよ。しかも名乗ったうえで挨拶したのは、館長さんとネズミさんぐらいだよ。
 てゆーか、親しかったらわたしが嬉しいわい。
 わたしだって脳内派生嘘飲み会参加したいさあああ。酔いどれたすめらぎさんとカラオケご一緒したいさあああ。歌聴きたい観察したい。
 結構ミーハーな人間なんで、プロのエロ漫画家さんと飲み&カラオケとか、普通に興奮します。
 ただ、わたしは体調良い時でもワイン一瓶空けたらダウンする程度ですし、歌に秀でてるわけでもないんで微妙な人材ですが。女性ヴォーカルのアニソンから、低音男声の燃え曲、果ては腐女子ソングまで熱唱するんで、カオスではありますけど。
 ……くっそぅ、楽しそうなオフ会だなあ。
 まあ、こっちも今度の日曜は、ラノベ読みでプチオフですが。


 あ、そうそう言いたいこと言ったついでに。
 ちょっと前に1周年祝ってもらった直後なんで、特に報告しませんでしたが、先日こっそりと30万ヒット到達です。
 近いうちにSSでもアップしましょうかと。
 日曜……は昼間いないんで難しいかもしれませんが、まあ月曜には上げられるんじゃないかとー。
posted by nekome at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月09日

リアルにもある、特濃な時間

 『ペンギンクラブ4月号』から連載が始まった、幾夜大黒堂さんの「境目のない世界」は巧い描き方してますねえ。
 一回目に読んだ時には気付かなかったんですが、注意してもう一度読んでみると、各所にヒントが隠されています。最後のコマだけじゃないんですよね。
 敢えて詳細の解説は避けますが、台詞と看板に注目、ということで(^^)
 ……気付かなければ気付かないまま読むことも出来るってのが良いなあ。
 3話以上の連載になるらしいので、その点でも楽しみです。


 さて、昨夜はいつものように某ネトラジを聴いていたのですが、そのラスト付近で、先月行われたエロ漫画読みオフ会の話題が出まして。
 その時に貼られたOQR(牧場くん)さんの記事が良い出来だったので、軽く紹介。
 引っ込み思案な人間は読んどけっ。
 「淫ノサン☆エロマンガ十字軍―エロマンガ冬10飲み会に行ってきました。」(牧情)

 いやー楽しそうです。
 初めて行ったオフ会(ラノベ系)や、初めて特攻したコミケ後TS界オフを思い出します。
 やっぱり顔つき合わせて趣味のこと喋る機会なんて殆どないですからね。性癖が絡むとなると尚更です。けれどこんな風に、余所じゃ考えられないような内容の会話が出来る場所ってのがあるわけです、リアルにも。
 サイト運営とか創作活動とかやってないとハードル高く感じることもありますけど、こういう機会には食いついてみるもんですよー。
 思わぬ出会いがあったり、良い刺激を受けられたりしますからね(^^)
posted by nekome at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月16日

繋がる繋がる

 ぬるむさんのサイト、50万ヒットを祝う間もなく、高速でカウンターが回っていってしまいましたね(^^;
 まずはめでたい!
 そして、つうしんさん効果すげーとか思ってたわけなんですが、週末はそれを上回る程のアクセスで、再び接続不能に。
 こ、今度は一体どこからリンクされたんだっ!?(汗)

 うちもおこぼれに与らせていただいておりますよ。ありがたや。

 そして、週末はうちにゆすら榛梧さんからのリンクが。この記事はここでも紹介しとかなきゃ勿体無いでしょう。
バレンタインだから女体化と性転換と自分FUCKの話だよ!
 よっしゃ来たーーーーっ!
 鏡音リン・レンが鏡に映った性別違いの同一人物というところにも注目しているのが嬉しいですねっ。
 そうなんですよ、これはTS界がもっと反応して活用するべき設定だったんです。

 《自分FUCK》、すなわち「男の身体の自分」と「女の身体の自分」による性交は、TSを用いた作品ではたまに見受けられますし、やっぱり自分も好きなんですよね〜。
 まさかこの界隈の外で語れる機会があるとは思わなかったので、超反応してしまいました(^^)
 ゆすらさんに紹介し忘れた漫画もありますので、今度はこちらの記事でも語っておきたいですねえ。

 
 最近では、殆どのライトノベルレーベルにTSモノがあり、かつ読み手の間でも認知度が高まっています。それに加えて、漫画読みの間でもTSへの興味が高まっている。
 もはや、TSサイト内の同士を相手にしか語れない時代は終わった!
(そりゃあ誰にでも話せることではないですが、そんなことは他のニッチジャンル・倒錯属性でも同じこと)
 今こそTSファンには、自分たちがどんなTSを愛しているのか、表現することが求められている。
 ジャンルの繁栄を望む人間は、自ら発信者となるべく、一歩を踏み出してほしいところです。
posted by nekome at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月09日

店頭にて、初・陳列確認

 昨日は名古屋に用事がありましたので、ついでにメロンブックスにも寄ってみました。
 14時の時点では、まだ2部残っていましたね。
 ただし、版型と部数の関係で、棚差しになっていると影になってしまい、目立たないこと目立たないこと。店内を3巡ぐらいするまで見つけられませんでした(爆)
 これは……他の店舗でも見逃してる人がいるかも。厚みがあるのがせめてもの救いですかね。

 ちなみに、置いてあったのは真中の棚の奥の方です。下から二段目だったかな。

 不慣れなショップ委託ということで色々反省点もあるので、今後(があったら)改善したいところです。
posted by nekome at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月19日

なんとか復活

 ヒット数からして、おそらく以前からの閲覧者は殆ど気付かれていると思いますが、「憑依k」が無事復活いたしましたね!
 中身は完全に元通り。新作もあります。いやあ良かった良かった。

 一方、胃腸風邪によってまさかの4日間ダウンを食らった(治りかけたと思ったら急変して長引いた)わたしですが、昨日は長文を打てるまでに回復。本日は無事出勤できました。ふう。
 あと、水死した携帯は転生いたしました。
 ただし前世の記憶がありません。
 なんということ……! 男の頃の記憶がなかったら、そりゃ女として生まれついたのと同じだってば! 全然萌えないってばよ!
 ――なんて冗談はおいといて。
 えー、結構マジに困りますね、この状況(汗)
 ネットで繋がってないリアル知り合いとか、連絡の取りようがありません。mixiとかやってませんし、自分。向こうからメールしてくれれば助かるんですけど……。

 はい、そんなわけですんで、この界隈の知り合いの方で、わたしと過去に携帯番号・アドレスを交換した方は、あらためてメールで教えていただけると助かります。いや、何人かはメモがあるんですけどね……。
 こちらは番号・アドレスともに変更ナシです。

 さて、暫く寝込んでた関係で、脳内の優先順位表がぐちゃぐちゃになっちゃってます。
 何から手をつけるべきなんだっけ、自分(^^;
posted by nekome at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月15日

むしろ自分が倒れてました

 いや、そんな大袈裟なものじゃないんですけど。風邪ひきましてー。
 熱はさほどでもなかったんですが(というか、38度くらいなら気合で出勤可)、腹痛まで加わっては身動きできず、昨日今日と自宅で静養してました。
 そんなわけで、各種反応遅れとりますー。

 まあ動き回れないとはいえ、寝るのにも限界があるんで、布団の中で『とある見習い魔法少年の日常』その他読んでたりしたわけですが。獣耳ショタ可愛いなあ(爆)

 ――問題なのは、だ。
 風邪そのものよりも、そんな体調だったためか、うっかり携帯を洗濯してしまったということでしてorz
 ずっと自宅にいたんで、替えの携帯も未だ手に入れてません。
 連絡はPCのみで可能です。
 ……昨晩から今までの間に、重要な連絡来てませんように。
 というかデータが、データが(汗)
posted by nekome at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
banner4.jpg