2010年03月10日

これが最後の一押しになるのか『僕と彼女の×××』7巻

 ちょ、やっぱりまだ終わらないじゃん!
 折込チラシにまで「今度こそ、最終巻…か?」と書かれちゃってるし(汗)

 森永あい『僕と彼女の×××』7巻(ブレイドコミックスアヴァルス)

 おじいさんに圧力をかけ、「入れ替えクン」の修理をさせる桃井父。
 今度こそ元の身体に戻れる!と喜ぶあきらだが、菜々子の身体に入ったあきらの「理想の娘」っぷりと、あきらの身体に馴染んでいる菜々子の様子に、父の気持ちは揺らぐ。
 そして、当のあきら自身も……。


 装置が直ったことを察知した千本木があきらに迫るんですけど、この子はホント攻め攻めで良いですよねえ。
「絶対行かせない」
 って真剣な顔で言ってキスしてくるんですよ。
 もうたまりませんね。落ちるだろ。これは普通落ちるだろう。
 あー、くそう、千本木彼氏にしたい……。



 騙して眠らせた菜々子を装置に座らせ、いよいよ作動、というところで嬉しいことにあきらと桃井父の双方が入れ替えの実行を制止。
 ギリギリのタイミングだったため、「再度ややこしい入れ替わりが起こる」タイプのギャグオチが心配されましたが、そちらも無事回避。
 まあ、変な方向でトラブルが起こってはいるんですが……(笑)

 このまま収まるところに収まればそれでハッピーエンドだと思うんですが、何やらまだ続くようです。
 あきらと千本木が良い仲だと気付いた桃井父が、余計な親父心を発揮して妨害に回るし。
 いや、あの、お父さん! あきらの恋心こそ、あなたの「理想の娘」を維持するのに必要なものよ! 
 邪魔してどうするのさ?!
 い、いやしかし、障害があった方がかえって燃える……かも? そ、そうなってほしいなあ。
 もう心の9割方は決まっているだろうに、いつまで経ってもふんぎりのつかないあきらのために、このトラブルが最後の一押しになってほしいです。

 流石にね、8巻では完結にしてほしいから!
 1年半待つのは長いんだから!
この記事へのコメント
nekomeさん、1年ぶりです。ご無沙汰しております。
たぶんココが一番感想が早いんじゃないかと見張ってました(^^;

あきらはほとんど千本木に傾いているとは思うんですが、また菜々子にもなびいているし、椎名にもちょっと意識があるような素振りも見せているので、まだまだ一波乱あるんじゃないかなーと思ってます。
でもやっぱり千本木に落ち着くとは思うんですけどね(^^)

私としては、8巻で終わりとは言わないで、もっともっと続けてほしいなぁと思うんですけど、ここがいい潮時なんでしょうかね。とは言ってもまだ1年以上先ですが(^^;

そうそう、
> あー、くそう、千本木彼氏にしたい……。
ダメです。千本木は私のモノですっ!

ということで、また今度は1年半後におジャマします。ってオイ。。
ではでは(^^)/
Posted by もえじろ at 2010年03月10日 22:34
>もえじろさん
おおう、期待に応えられて(?)良かったです。
実は、わたしも真っ先にチェックしたのはもえじろさんのサイトなんですよ(^^)

デレっぷりを見ている読者としては、あきらが千本木一筋に決めないのはなんで?と思ったりもするんですけど、「桃井さんのことが好きな上原あきら」をそう簡単に捨てられないというのも、考えてみれば当然なんですよね。
菜々子の「今の身体の方が俺には合ってるけど そっちだって生まれてから16年間愛着あんだから」という台詞を読んで、ようやく二人の複雑な心境に納得がいったところです。

……うお、自分こういうことも記事に書けばよかったのに(^^;


って、千本木争奪戦に名乗りを上げられたっ?!
くっ、こうなったら先にカラダでオとすしか……。<無理無理
Posted by nekome at 2010年03月11日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36217071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg