2010年02月24日

男の姿でときめきます『男子ingガール!』

 発売日に買って読んでいたのに、回線不具合のせいで掲載がすっかり遅く……。

  岡田ハルキ『男子ingガール!』(花とゆめコミックス)

 死神の手違いで事故に遭った箱入りお嬢様・野々宮花凛は、魂を戻す際に身体を間違えられ、共に事故に遭った男子高校生・柚原翔太と入れ替わってしまう。
 極度の男嫌いな花凛はいきなり男子寮に放り込まれて途方にくれるが、同室で柚原の友人・久我悠斗の優しさに触れ、徐々に彼に惹かれていく。


 男の子になってしまった女の子視点で話が進むという(特に男性読者にとっては)珍しいタイプの作品。
 「カマっぽい男なんて見たくないよ!」という方や「男が男にときめいている絵を見るのはちょっと……」という方は不安になるかもしれませんが、心象表現として花凛の姿で描かれるシーンも多いため、あまり気にならないかもしれません。
 まあわたしとしては、ユズ(柚原)の姿で久我にドキドキしている絵の方がぶっちゃけニヤケるんですが
 ユズも美少年ですしね。もうその身体でもっといちゃついちゃえよと言いたくなります(爆)
 男の身体で風呂に入るのをいやがる花凛に「…仕方ない なら俺が脱がしてやろうか」といったところでは内心「やれ! やれ!」と。
 あ、お姫様だっこシーンはありましたな。
 プール授業前、久我に付き合ってもらって泳ぐ練習をしているシーンでもついニヤニヤ……って、何故それを見ながらお前までニヤニヤしているユズ! あんた本当に許容度高いな。

 花凛になってしまったユズも結構出てきますんで、そっちが見たい方もご安心を。
 こっちはお嬢様ライフをかなり楽しんでいたようで、再開した時も久我に「会いたかったわダーリン」と抱きつくなどノリノリです。
 まさかお前ら普段からそんなにスキンシップしてるのかァーっ?!とアレな方向に妄想が走りそうになりましたが(^^;

 それにしても、花凛から
「何か変な事はしていらっしゃいませんよね?」
 と問われ、満面の笑みで
「ごめん。」
 と答えやがったユズ一体何をしたああああっ!!
 きっと詳しく描いたら年齢制限級のコトだなちくしょう!

 ちなみに「男子ingガール!」全4話の後には番外編「女子ingボーイ!」がちらっと載ってまして、こちらは花凛と入れ替わった直後のユズ視点になっています。
 死神の田中さんから状況説明を受けている時の

「でも あなたのお友達の方といい感じになってましたけどね」
 ちくしょう!!!
「いや別に下心とかなかったけどさ!
 普通入れ替わり物って入れ替わった相手とくっつかない!?」


 という遣り取りは噴き出さずにはいられませんでした。
 残念だなユズ、シチュエーションが増えた最近はそうでもないのだよ。


  絵がかなり整っていることもあり、女子視点の入れ替わりモノながらも、男性読者にもわりと受け入れられる作品じゃないかと思いました。
 個人的には、もっとBL的な絵面でもOKだったぐらいです(爆)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35533074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg