2010年01月23日

着せ替え人形そっくりの姿に『DOLL−前編−』

 昨年末に「今度はTSモノ!」と伺ってから、ずっと楽しみにしておりました。
 ガチのTS好きエロ漫画家さん、柚木N'さんの新作です。

 柚木N'『DOLL−前編−』(『コミック・マショウ』3月号に収録)

 小さい頃女の子の着せ替え人形が好きだった主人公は、部屋の整理中に、お気に入りの人形「リナちゃん」を久々に発見する。
 人形を枕元に置いて眠り翌朝目覚めると、彼は「リナちゃん」そっくりの少女に変身していた。
 理想の女の子の姿になれたことに気を良くして、街に出掛ける主人公。そこでリナちゃん人形のことが好きだという青年に会い、彼の家について行くと……。



 可愛い女の子の姿になれたら、そりゃあ見せびらかしたいよね。見られたいよね!
 そして、男にちやほやされたりしてみたいもんです。
 調子に乗ってると食われちゃうでしょうけど、それも本望(爆)

 このお話の主人公にその気はなかったんですけど、彼を家に連れ込んだ青年は、リナちゃん人形に強い情欲を抱いた人間。
 当然のように襲われてしまいます。それはもうねっとりじっくりと。
 ここで注目してほしいポイントなんですが、襲われる直前、青年が手持ちのリナちゃん人形の両腕を後ろに回してテープで留めると、主人公の手も後ろに回って動かなくなっちゃうんですよ! 抵抗できなくなったところで押し倒されちゃうんです。
 人形と主人公がリンクしているんですね。
 ……これはつまり、後編でも感覚リンクを利用した辱めが待っているということですかーっ?!
 すっごく期待したいですよ(^^)

 前編だけでもカラー4ページ込みの26ページとかなりのボリュームですし、この引きで後編が残っているとなると楽しみでなりません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34909685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg