2009年12月19日

デレ期到来はまだ先?『世界の果てで愛ましょう』2巻

 twitter始めてから気付くのもなんですが、これ便利なつぶやき場ですわ確かに……。
 単独の記事にするには心許ない、けど喋りたいことなんかも、時間かけずにどんどん書ける。
 主にTSや女装以外の話題に言及するのに活用しそうです。ブログで話題に上げてる本は、読んだ内ほんの一部ですもんなー。



 1巻があまりに凶悪だったので、2巻楽しみにしてましたよー。

 武田すん『世界の果てで愛ましょう』2巻(電撃コミックス)

 命を救ったことで異世界の王子・エミリオに惚れられ、女体化させられたうえでプロポーズされた涼馬の受難はまだまだ続く。
 1巻の感想はこちらー

 2巻でも最初っから天然魔性っぷりを発揮。
 狙わずして、いたいけな少年惑わしてんじゃないですよっ。
 そして少年よ、その恋を終わらせないという選択肢もあるのだぞ。<険しすぎるわ

 この巻のメインは、エミリオの婚約者であるアリシアが現れてからの騒動。
 アリシアに完全に目の敵にされたことによって、涼馬はかなり理不尽な目に遭うのですが……。
 ああ見えて、涼馬はかなりイイ性格をしているというか、王子の扱いが酷いもんだから、あまり悲愴な雰囲気にはならないという(笑)

 本当に王子に対する拒絶度が高いですよねー。
 まったく好感を抱いていないわけではないようですが、表面上は徹底的に冷たいです。
 天然で可愛さを振りまいているので勘違いしそうになりますが、男としてのアイデンティティも欠片も揺らいでいないようですし。
 
 ――こういう子がデレた時ってのが、たまらないんですけどな。
 
 芽はあるようですので、王子には今後とも頑張ってもらいましょう(^^)

 反対に美味しい思いをしている弟くんは、理性の捨て時に注意だぞ!
 理性ゆえに生殺しで苦しんでるのは確かだけど、タイミング間違えたら全部おじゃんやでー。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34289944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg