2009年09月07日

『このライトノベルがすごい!2010』投票開始

 おっと、停滞してる間に今年の「このラノ」の投票が開始されてしまいましたね。
 更新のネタは溜まってるんですが、ひとまずこちらから書きましょうか。

宝島社『このライトノベルがすごい!2010』 2009年度ライトノベルBESTランキング・アンケート

 今回の投票対象は「発行日が2008年10月1日〜2009年9月30日」の作品で、投票の締め切りは10月6日(火)必着とのこと。
 作品リストをざっと見て、すぐに候補に上がったのは『戦闘城塞マスラヲ』『ミスマルカ興国物語』『ベン・トー』『紫色のクオリア』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『迷宮街クロニクル』。
 この時点で既に1作品オーバーしているうえに、積んでいる作品を読むと考えが変わるかもしれないので、最終的にどうなるのかは未定ですね。

 折角なので、投票対象の(すなわち『このライトノベルがすごい!2010』に掲載される)TSモノも抜き出してみました。
 『けんぷファー』
 『ぷりんせす・そーど!』
 『鏡原れぼりゅーしょん』
 『とぅ うぃっち せる!』
 『アンシーズ〜刀侠戦姫血風録〜』


 確実なのはこの辺ですかね。作中でTSがそれなりに大きな役割を果たしているもの、主人公の性別が変化するものという条件で見た場合。
 『創立!? 三ツ星生徒会』を入れるべきかどうかは悩みどころ。作中でぼかされているうえに、メインとなってるのは別の要素だと言えますし、多くの読者はそっちを求めている気がするので。
 『おと×まほ』は一応条件を満たしてはいますが、やはりメインは女装。
 『Xの魔王』も性別変化をともなう入れ替わりが長期間続いていますが、対外的に「TSモノです」と押し出して納得してもらえるかどうか。TS抜きでも成り立ちますからね。
 サブキャラの性別が変化するものも含めると、あと何作品かは挙がりますね。

 さて、「このラノ2010」のジャンル別ガイドでは「レッツ倒錯! TRANSSEXUAL」の項目は維持されるのでしょうか。
 該当作品数からすれば余裕でページは割けますし、再来月の電撃やファミ通の新人賞にもTSモノが入っていることを考えれば、「一ジャンルとして定着した」と見なされる可能性もあります。
 まあ、あくまで一般人がどう思うかですけどねー。
 おそらく『SH@PPLE』や『おと×まほ』も一緒に並べられるので、ページ確保自体は余裕、かな。

 そうそう、わたしは「このラノ」がTSと異性装を一緒に扱っていることに対してはあまり文句を言っていません
 だって、この企画は基本受身のものですからね。
 一つのジャンルの作品が、ページを埋めるのに充分な数出版されていないことは、宝島社の責任じゃないですもの。
 「自分たちで原稿を集めて「これがTSモノだ!」と言って出版しておきながら、その中身の大半が非TS」などという企画本とは別種なのです。


 そういえば、男女別キャラクター部門の「性別がどちらかで悩んだ場合は、各自で判断していただいて結構です。」という注意書きって以前からあったんだろうか……。
 単に、性別のわかり難い人外キャラに対応しているとも考えられますが。
 思い当たる主因は……やはり、ひ、秀吉?
posted by nekome at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31957228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg