2009年08月24日

鏡の中に、新たな身体を待つ者が「零時の鏡」

 名香智子「零時の鏡」

 『Lady's Comic ミステリーJour Special』に掲載されているのを、みのむーさんに教えていただきました。過去作の再掲載だそうですが、実に素晴らしかったのでここで書いておこうかと(^^)

 裕福な家庭で育った少女・葵は、17歳の誕生日に骨董品の大きな鏡をプレゼントされる。
 自室に大きな鏡を置けて喜ぶ葵だったが、何故か午前零時に鏡を覗く度に、鏡の中は奇妙な変化をきたしてゆく。
 そしてある晩、葵は鏡の中に閉じ込められ、それまで鏡に閉じ込められていた何者かが、現実世界の葵の身体を手に入れてしまう。
 
 鏡を使った連鎖的な入れ替わりですね。
 ただしスパンは何十年と非常に長く、元の身体に戻ることもできません。

 さて、面白いのはここからです。
 葵の身体を手に入れたのは、49年前に鏡に閉じ込められた当時89歳だった男性。女になったのを妙な気分と言いつつも、積極的に女としての人生を楽しもうとするのです。
 やってくれますね爺さん!
 ちなみに、その肉体の記憶は残っているらしく、日常生活に支障はないそうです。
 (入れ替わり、或いは憑依相手の記憶が読めるという設定は、商業作品では非常に珍しいはず)

 短編なものですから、終盤の展開まで書いてしまいますね。


 葵としての人生を手に入れた老人は、その若く美しい体を活かして、次々と男を取っかえ引っかえしては鏡の前でセックスをします。
 鏡の中の葵は鏡像と化しているので、鏡の前に立った自分の身体と同じように動いてしまいます。つまり、毎回強制的に痴態を繰り返させられるのですね。
 
 ……ここまでやってくれるとは(^^;
 いや実に興奮できる内容でした。
 こういうダークでエロティックな展開は、やはり女性向け作品が強いですねえ。
 男性向けで非18禁作品となると、どうしてもコメディ要素が入りがちですから。


 
 ちなみに、直後に掲載されている、同じく名香智子さんの「絵蝋燭」は女同士の憑依。
 TSでこそないものの、容姿のギャップが激しいうえに艶っぽい展開もあるので、かなり興奮できますよ。
 まるでネットの18禁憑依小説のような内容!
 そのダーク度合いといい、流石レディコミと言ったところですかね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31569142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg