2009年08月18日

C76 1日目レポ

 まずは、夏コミに参加した皆様、3日間お憑かれ……お疲れ様でしたーっ!

 スペースに来てくださった方も、オフ会に参加してくださった方も、どうもありがとうございます!
 同人誌を買ってくださった方、楽しめた作品がございましたら、どうぞ掲示板の方にも感想をよろしくお願いします。また、各作家・絵師さんのサイトにも遊びにいっていただければと思います。

 
 さて、順番に語る必要もあるので、1日目のお話から。

 東名高速の復旧は間に合わなかったわけですが、わたしは結局、予定通りの夜行バスを使って上京することにしました。キャンセルが出て車内が空くことも期待したのですが、まったくそんなことはありませんでしたねー。
 迂回運転のため、バスは順調に100分遅れで東京駅に到着。わたしが乗った便だとサークル参加者でもなんとかなったでしょうけど、30分後の便ならギリギリ。50分後の便なら完全にアウトだったでしょうね。
 後者の予定だった知人はバスをキャンセルして、前日の新幹線で東京入りしたのですが、賢明な判断だったと言えるでしょう。

 午前中は暫くプライベートな用事でうろうろした後、台場のガンダムへ。
 改札を通った直後の「ガンダム←|→フジテレビ」の案内板が率直すぎて噴きます。
 ガンダムそのものは確かにデカい。木々の向こうに背面が見えてきた時はちょっと興奮しますね。その一方で「これが兵器ってのは……ないよなあ」とも思ってしまうんですが。
 人は多かったですけど駅以外ではスムーズに動いてるもんで、ゆりかもめを降りて戻るまでに1時間かからなかったかと。
 写真も撮ってるんですけど、明らかに他サイトに載ってるものの方が質が良いんで、そっちを眺めてくださればと(^^;

 ビッグサイトで昼食を取った後は、予定通りに西ホールの「まいじゃー推進委員会!」へ。
 挨拶して新刊を買った後、壁サークルや知り合いのラノベサークルを回りました。まだまだキョン子元気ですねー。あと、この辺は女性向け比率が高いので、キョン&古泉の本をかなり見かけました。
 つだ……もとい、蔵王大志さんの本に書かれた
「キョン子ちゃんは貧乳であってほしい」
「一人称はちゃんと「オレ」で、女の体であることにふり回されるキョン子マンガ読みたい……!」
「生理も経験してほしい」

などの呟きにはニヤニヤせずにはいられません。流石、わかってるなあ。

 今回、1日目の西ホールでもっとも驚いたことといったら、なんといってもリアル八九寺でしょう!
 「ええ!? あのリュック……髪型……制服……まさか、まさかまさか!」
 と、現実の認識に時間がかかるほどの驚愕。
 知り合いのラノベ読みたちもことごとく驚いてましたね。凄いもん見ましたわ。ふひー。
 
 15時頃、既にまったりモードに入っていたため気乗りはしなかったのですが、合流していたアレナさんから「まだ時間あるし、東も見に行こうよー」と誘われて足を運ぶことに。
 まさか、この判断がとんでもない当たり籤だったとは……。

 サンライズその他島を回っていた時のこと。
 とあるサークルの机にかけられた布に書かれた「清姫」の文字に2人して反応(なにしろ属性が被るので)。近づいてみると……。
 あれ? 何故か同人ゲーム『催眠実験』や『ミナミからの手紙』が置いてありますよ?
「な、なんで「#define」がっ!?」
 と思わず声を上げると
「あ、書いた人です。おくとぱすです」

 中の人いたああああーーーーっ!!!!!!
 
 好きな人には説明するまでもない、web小説から同人ゲーム・商業ゲームまで、数多くの作品を手がけられてきたMC界の超★大物じゃないですかっ!!
 もうこちとら興奮しまくりでして、わたわたしながらも『操心術3』の感想を伝えましたよ。まさか直接言える日が来るなんてっ……。
 まったく関係ないジャンルコードだっただけに、この場所でお会いできたのは本当に偶然。幸運以外の何物でもない。
 最後に、こちらの素性と3日目の配置を伝えてお別れしました。

 こういった、不意の幸せな出会いがあるから、コミケは侮れない。
 なかなか興奮がおさまりませんでしたよ、ホント。
posted by nekome at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31409622
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg