2009年07月13日

『チェンジH pink』は「TSアンソロジー」に非ず

 『チェンジH pink』は「TSアンソロジー」に非ず。
 繰り返します。
 『チェンジH pink』は「TSアンソロジー」に非ず。
 「それほどTSには詳しくないけれども、噂になっていたので買ってしまった」という方は特に、出版社サイドの誤った宣伝文句を信じてしまわないよう、ご注意ください。


 このように特定の出版物を否定する記事を書くのは、本来、わたしの望むところではありません。
 この記事を書かねばならない事態が発生したことを、非常に残念に思います。

 心配していたとおりに、悲惨な構成となりました。
 中立的な視点で判定しても、ターゲットの定まらない中途半端な出版物です。
 収録作品は12本。
 うち、TSは変化過程含めても2本のみ。
 あと、ふたなり1本。残り9本はすべて女装・男装

 これのどこが「TSアンソロジー」であるというのか。
 女装も男装もふたなりも、TSとはまったく違うものであり、ひとくくりに「TS」と呼んで売って良いものではありません。

 解釈論争への結論を先に言ってしまいますと
「“sex”=“肉体的性別”が変化していない異性装が“trans sexual”であるわけがない。以上」
 となります。
 男の肉体のままで、服装だけ女ものに変える女装の、どこをどう解釈すれば“sex”が“trans”していることになるのですか。
 「異性装もTSに含めて良い」と考えている人もいるにはいますが、そういう人は“gender”という語を用いるべき場面で“sex”という語を用いているから混乱しているだけです。

 いや、少年画報社の場合、混乱しているどころではありませんね。
 表紙にはデカデカと「女装」「男装」の文字。
 そして帯には「♂♀!?…第3のエロコメでる!前代未聞のTSコミックス新発信!!」と書かれています。
 「少年画報社にとっては、女装と男装こそTSである」と確信的に宣言しているようなものです。
 (帯によって「性転換」の文字が偶然隠れたなど、言い訳にもならない)

 また、編集後記には
※「チェンジH」においては「TSコミックス」を「異性へ変身する物語を集めたコミックジャンル」として用います。ここでいう「変身」は異性装も含みます。」
 という断り書きが入っています。
 『ヤングキング』誌上の広告においても、「女装・男装・性転換…それが――TSコミック」などと、デカデカと出鱈目を書いてくれましたね。

 そもそも、そういった宣伝文句がなくとも、「TSコミックス」と銘打って発行した本の掲載作品の大半が異性装作品である時点で、読者には「異性装のことをTSと呼ぶのだ」という誤ったメッセージが届いてしまうことになる。そんなことは明々白々です。
 しかも商業媒体でやられてしまったのですから、ジャンル「TS」の受けたダメージは甚大と言えます。
 
 少年画報社は、どれだけTSの定義を歪めれば気が済むのか。
 貴方方は、自分たちが興味もなければ理解する気もまったくないジャンルを食い荒らすことが、そんなに楽しいか。
 
 「ちょっと流行っているらしいから、TSと銘打っておけば売れる」とでも思いましたか。

 ……真実は知る由もありませんが、企画立案当初はTSを主体とするものだったのが、実際にゴーサインが出るまでに変質させられたという可能性もあるかもしれませんね。会社組織ですから。
 しかし、たとえそんな事情があったとしても、そんなことを斟酌する義務は読者にはありません。
 結果としてこういう形で本が出た以上、TSというジャンルで活動している人間としては、激しく反発せざるをえない。

 ……断っておきますが、わたしは女装モノを嫌いなわけでもなければ、この界隈から排除したいわけでもありません。
 批判対象は企画・販促方法であり、個々の掲載作品ではありません。

 区分可能な物は区分したうえで楽しめば良いのです。
 普段からこのブログを読んでいる方には説明するまでもないことだと思いますが、ここは念のため強調させていただきます。

 これはあくまで分類、ジャンル区分の話です。
 個人的嗜好・好悪の感情・読者の度量などといった矮小な問題ではありません。

 異性装を主体にしたいのなら、「異性装アンソロジー」と名付けて売れば良い。
 異性装とTSの両方を扱いたいのなら、「異性装+TS」と書けば良い。
 何故その程度のことができなかったのか。
 何故、TSというジャンルに迷惑をかける形で出版したのか。
 ……ツンデレブームに乗じた擬似ツンデレの氾濫などとは比較にもならない、「悪しき商業主義」の結果としか見なせません。



 ただでさえマイナージャンルであるTSは、この本の出版によってさらなる危機的な状況に追い込まれました。
 正確には、黙っている限り危機的な状況です。
 何もしなければ、圧倒的多数である女装というジャンルの前に、TSというジャンルは飲み込まれていくだけです。
 TSというジャンルの存続を願う人間は、「これぞTSである」というものを、行動によって示す必要に迫られています。


〜関連リンク〜
チェンジHに物申す!」(R and TS)
「時事っぽい話」(喫茶ま・ろんど)
posted by nekome at 15:44| Comment(12) | TrackBack(0) | TS雑談
この記事へのコメント
あ〜・・・、八重洲さん所で最初にそれの発見コメント書いた者です
・・・やっぱ女装男装主体とかになりましたか、あのアンソロ

確かに女装男装はTSとは自分も呼べないと思います

個人的見解ではふたなりもふたなりってジャンルな気がしなくもありませんが・・・w

確かにTSアンソロジーって銘打って発売したのなら男装女装をメインに据えるのはどうかと自分も思います
それならそれで男装女装アンソロジーとかにすべきであろうと。
完全に別物ジャンルですよね・・・

今回の少年画報社は何も分からずにやったのか、理解してた上でやったのかは分かりませんが、マイナー気味なジャンルでこんな事やられたら洒落にならないかと・・・
作家陣見た時に女装ジャンル書いてる人が混ざってるから危惧はしてたのですが・・・

一応情報挙げた者としても思う所があったので書かせて戴きました
Posted by ROM専 at 2009年07月13日 18:26
なるほど、やはりそんな構成なのですか。
メンツからして、おそらくTS色が薄そうだとは思ってましたが…

定義にうるさい日本の市場、ましてやここまでニッチな市場でそんないい加減なやり方をしているのには、さすがに閉口してしまいます。
ろくすっぽリサーチもしないのでしょうか…?

単発(もしくは少数)の該当作のために一冊購入するのと、
100パーセント該当と謳った本で、蓋を開けてみれば実質二割以下ってんじゃあ後者の方がずっとダメージはでかいですし。

私の場合、件のアンソロは配送待ちですので、期待はせずに待つことにしましょうかね…。
Posted by アル◎ム at 2009年07月13日 22:48
ふっ・・・分かりきっていただけに呆れて何もいえんな。
純粋なTSでは売れないと見て、異性装本のほうが受けがいいと思っているのか・・・

ただ、入れ替わりが無いのだけは納得がいかん!

作家陣もそういう依頼を編集から言われてたんでしょうし。

「可愛ければ許す!」と私は思っていたのだが・・・
Posted by ディグ at 2009年07月14日 00:45
こんなとこで嘆いてないで、出版社に言えよ。
Posted by kkk at 2009年07月14日 13:55
>ROM専さん
おや、最初に情報を上げられた方でしたか。
その後の反応まで気を回していただいてありがとうございます。
この本はTS以外の大手サイトでも話題に上っていたため、被害が拡大するのを黙って見ているわけにもいかず、記事を書かせていただきました。

ふたなりはもう、説明する気にもなれないほど明らかに別ジャンルですよね……。
厳密には、「先天的なふたなり」ですけど。

仰るとおり、男装女装をメインに据えるのならば「異性装アンソロジー」と銘打つべきなのですよ。

編集後記にわざわざ断り書きを入れていることからして、反発すら承知して出版したのでしょう。
自分たちの商売のためならば、弱小ジャンルがひとつ吹き飛んでも全然構わないというわけです。我々にとっては最悪の決断ですね。

>アル◎ムさん
まったくもってそのとおり。
単行本の中にひとつだけ収録された該当エピソードのために買った本ならば、残り全部が非該当だろうが文句なんてありません。
しかし「TSコミックだ!」「TSアンソロだ!」と名乗っておきながら大半がTS非該当では……。余計な出費にともなう精神的ダメージは大きいですよね。

>ディグさん
そうですよ!
憑依が無いのはまあわからんこともないです。元々少ないですし。
しかし、一般向け漫画でTSと言ったら、入れ替わりは外せないでしょうに。
リサーチが不充分なうえに、該当ジャンルの愛好者に反発されるとわかっていて出版……。愚かにもほどがあります。

>kkkさん
申し訳ありませんが、当ブログの閲覧推奨年齢は18歳以上です。
日本国における義務教育課程を修了していない者の閲覧は想定しておりません。
Posted by nekome at 2009年07月14日 19:41
ttp://www.shonengahosha.jp/profile/index.php
ここに電話番号載っています。
直接文句を言えば、次回、同アンソロが発行される場合考慮される可能性はありますが、「誤ったメッセージが届いてしまうことになる」状態を憂慮しているのに、こんなとこでただ嘆いていても、受信者ならともかく、発信者に届くとは考えがたいですね。
それとも
「正確には、黙っている限り危機的な状況です」と、ご自信でおっしゃっているから、もう抗議の電話やメールや手紙は出されたのでしょうか。いや、出されたのでしょう。でなければこんな一文載せませんよね。このブログを編集者が読んでいるだなんて、想定できませんから。
しかし、そのことに関するレポートが本文中に見当たりません。次回のエントリーでお書きになるのでしょうか。楽しみにしています。
Posted by kkk at 2009年07月14日 20:53
↑うわぁ…
幼稚さ丸出し…

管理人も大変だな
Posted by at 2009年07月15日 12:53
>名無しさん
ええ、まったくもって。
常識的な書き込みだけなら負担も少ないんですけど。
Posted by nekome at 2009年07月15日 21:53
ふと疑問に思ったのですが、
らんま1/2のらんまはジャンル的に
TSに入るんでしょうか?
水をかぶると完全女の子になっちゃいますよね。
Posted by K10 at 2009年07月16日 00:11
TSというよりはTV、トランスヴェスタイトですね。
Posted by at 2009年07月16日 15:37
そもそもきちんとTSを描ける漫画家がどれほどいるのかと思ったのだが…。ジャンルのメジャーマイナーってのは、受け手の多さのみならず発信者の多さにも比例しているんじゃないかと思う小生からすると、この手の誤解は必然にすら思えてならないのですよ。あと、今の出版社は大手も中小もろくなのがいませんから、アフォな編集や営業を分からせるなんてもはや不可能かも(ためいき)。
Posted by あかつき at 2009年07月17日 13:31
>K10さん
肉体的性別が完全に変化しているわけですから、紛うことなきTSですね。

>名無しさん
はい、TSではなくTV(トランスヴェスタイト)主体の本なのです。

>あかつきさん
そうなんですよ。結局のところ発信力が弱すぎるんです。
こうやってネットで抗議の声を上げたりアンケート葉書を送るのは簡単で誰でも出来る対抗策ですが、当然、後手に回っているうえに効果も限られます。
コミケで島を作ったりオンリーイベントを開催できたりするぐらいにTSサークルが存在するのなら、まだ対抗は可能なんですけどね。
現実にはサークル数は極小で、吹けば飛ぶようなジャンルというわけです。
今回の事件に危機感を覚えて、動いてくれる人間が現れると良いのですが……。
Posted by nekome at 2009年07月17日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg