2009年06月16日

『くるくるくーる』発売まであと僅か

 Axisさんの“性転換大発生型ドタバタラブコメディAVG”『くるくるくーる』の発売まであと10日。

 バナーキャンペーンに参加されているサイトもありますし、この界隈の殆どの方が既に知っていると思います。
 勿論わたしも注目しているのですが……多分、プレイするとしたら早くとも7月後半になっちゃうでしょうね。ほら、同人誌とかありますから(^^;
 てなわけで、発売直後のレビューとかは他の方たちに丸投げすることになってしまうのですが、せめて宣伝協力ぐらいはしておこうかなと。

 というのも、Axisさんの姿勢が実に好印象なんですよね。TSをウリにして商売したい方たちには是非見習ってほしいものです。
 何しろ、オフィシャルページでオススメしているポイントからして

「雪光(男)×きらら(女)とユキ(女)×キララ(男)等、
 主要キャラそれぞれ両タイプのHシーンが存在!(一部女同士もあるよ)」


「エンディングだって組み合わせEDを実装!!
 (ただし同性は無いです、ごめんなさい)
 ハーレムEDも実装、当然男女で別々のEDを用意してます」


 といった具合なんですから。
 TS愛好者にどうアピールするべきかをよくわかってますね!
 うん、男女両方のEDがあるっていうのは重要なんですよ。
 しかも、主人公以外もTSする(メインキャラの元の性別は、男2人に女3人)ということは、一般プレイヤー以外(要するにこの界隈)にとっての男EDの価値も高まっている……かも?

 また、Q&Aコーナー「くるくる講座」においても
「モブキャラとのHはどちらの性別でも同じくらいあるのでしょうか?できたら教えてください」
 という質問に対して
「まず、雪光が男の時はモブHは無い。あくまでも女の時限定だ。男の雪光のモブセックスなんてあったら、それはなんか違うだろ、性転換物として」
「それで、相手の性別の場合だがユキは男女どっちにも襲われるぞ。まぁ、選択肢次第、というのは以前お伝えした通りだな」

(↑のせリフはキャラが喋ってます)
 という回答が示されるなど、TSモノとして魅力的な作品にすることへのこだわりが窺えます。
 いやもう、実に嬉しいですね。

 内容は、さすがに実際にプレイしないとわからない部分も多いわけですが――サンプルを見る限り、期待して良さそうです。
 TS後の主人公が嬉し恥ずかしの表情で自分のおっぱいを触っているジャケットもナイスです!(^^)

 昨年は『Xchange Alternative2−キミノヒトミニウツルキミ−』という(この界隈的には)ビッグタイトルがあったわけですが、果たして『くるくるくーる』は今年を代表する作品となれるのか。
 プレイできる日を楽しみにしたいと思います。
 うん、できるだけプレイしてから、夏コミに行きたいものですね。

 
 あと個人的には、EDテーマ曲が川村ゆみさんというのは本気で驚愕。
 ま、マジですか……!
 アセリアのEDでベタ惚れしたんですよ! ペルソナ−トリニティソウル−のEDに登場した時にも大興奮でしたよ!
 うはー……楽しみだ。
posted by nekome at 22:02| Comment(4) | TrackBack(0) | TS雑談
この記事へのコメント
楽しみですねえ。
「女になってラブラブED」が一番萌えなんですけど。
私も夏コミ前にはプレイしておきたいです。
Posted by ディグ at 2009年06月17日 08:42
>ディグさん
ここまでよくわかってくれていると、楽しみにせずにはいられません(^^)
オフ会で語れるように、ちゃんとプレイしてから夏コミに行きたいもんですね。
Posted by nekome at 2009年06月18日 20:01
はじめまして、コメント失礼します。
ブリリアント!性別が反転したままのENDありでHシーンも満載なんてTSゲームがでる日が来るなんて…………。
生きててよかったーーー!
Posted by KILEAK at 2009年06月21日 10:05
>KILEAKさん
初めまして。コメントありがとうございます!
よくぞこれだけTS満載な思い切ったゲームを作ってくれたものです。
楽しみですよね!
Posted by nekome at 2009年06月21日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg