2009年04月12日

全国のワナビに捧ぐ『俺の妹がこんなに可愛いわけがないB』

 作業が詰まったところで、気分を切り替えようと読んでみたのですが――今までで一番面白かったっ!!

 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがないB』(電撃文庫)

 1巻発売時には「タイトルと表紙絵の時点で勝ち組すぎる」「自分が読まなくても勝手に売れるだろう(応援すれば売れるというわけでもないですけど)」と思い、一旦スルー。
 しかし内容も充分に面白いという話が伝わり、さらにラノベサイト以外でも爆発的に話題が広まったことから、慌てて買いに走ったものでした。
 ほら、周りが楽しそうに話してると、輪に入りたくなるじゃないですか。

 で、実際に面白かったからこそ、1・2巻ともに、買ってすぐに読み、今回もすぐに手をつけたわけなんですが――
 うん、これまでで最大の満足感。
 今まで僅かに引っ掛かっていた部分も、ストンと落ち着いた感じですし。

 特に第四章は、大いに楽しめました!
 劇中にライトノベル編集部を登場させたため、出版前はかなり揉めたという話ですが……そんなにギリギリな内容、かなあ?
 名刺の使い分けや「拾い上げ」は普通に想定の範囲内ですし。
 「拾い上げ」については、関係者が明言する前から、幾人かの作家さんがデビューする経緯を見て、「そんな感じのものがあるんだろうな」と思ってました。
 ボツにされた箇所を聞かないことには断言できませんが、電撃文庫編集部が思っている以上に「表に出しても良い話」は多いんじゃないかな……なんて。
 まあ、実際にボツにされた「ムカつく編集者の例」(かーずさんのインタビュー記事後編参照)なんかは、採用するデメリットの方が大きいかもしれませんが(^^;

 編集さんのダメ出しの内容も、容赦がないのは確かだけれども、特に酷いとは思いませんでした。そりゃ、あれくらいは言われるよねえ……と。
 いや、実際に言われたらキツいと思いますよ?
 でもこういう光景は見せといて正解だと思います。
 
 また、それら編集部の内実以上に、黒猫と京介の心中の吐露には心を揺り動かされました。
 
 ほら、わたし、凡人ですから。
 自分に創作者としての才能はないと思ってますから。
 まあ、プロの作家になりたいと思ったことすらありませんから、黒猫など、ワナビの人たちほどの苦悩を味わったことがあるわけではありません。
 (そんな人間がなんで同人活動をやっているのかといえば、このジャンルが好きだからです。少しでも盛り上がってほしいからです。先人への恩もありますしね。わたしが上手かろうが下手だろうが関係ないのです)
 それでも一応、一太郎を起動してうんうん唸っている人間としては――理想的な文章表現を見た時に、羨望や嫉妬という感情に襲われることはあるわけです。読書を中断して頭を抱えてしまうこともあります。
 だから、いくらか方向性が違うとはいえ、黒猫の言葉は無視できない。


 それに、桐乃ほどの勝ち組じゃないにせよ、妹がいて、あらゆる点で自分よりも良い結果を叩き出し続けているというのは京介と同じです。そして、妹がそれだけの努力をしているということもわかっています。
 だから、京介の言葉も胸に刺さるんですよね……。

「お願いだから返して頂戴。……それはね、私たちの努力が報われないからといって、どんなに悔しくてねたましくて気に喰わないからといって、どうにかしていいものではないのよ。」
(302ページより引用)


 どういう状況で発された台詞かは伏せさせていただきますが……泣きました。ええ、本当に。
 1・2巻でのクライマックス、ストレス後のカタルシスよりもずっと、心を揺さぶられました。
 ああそうなんだよもう……! ここは……説明するわけにはいかないから読んでくれい。


 さて、真面目な話はこの辺にして。

 黒猫ルート突入はまだですか?

 いや、本気で言ってるわけじゃないにしても――ねえ! 株上がりまくりですよねえ!
 元々、あの服装も邪気眼キャラ(ただ、黒猫の正体は……)にしても、可愛いとは思ってたんです。ただし美少女に限る。
 それに加えて今回の活躍ときたら!
 あと、「兄さん」という呼称がまたヤバい。
 「兄さん」という呼称を使う妹キャラには弱いんです、わたし(爆)

 実妹からも、「兄さん」と呼ばれたことはなかったですしね……。
 ああ、実妹が使ったことのある呼称は、「兄貴、兄(あに)、お兄ちゃん、お兄(にい)、にぃ、にぃにぃ」といったところです。
 ――いや、妄想じゃないよ! 頼んだわけでもないよ!
 ちなみに妹は1人です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg