2009年03月23日

百合度は上がる一方『乙女革命アヤメの!2』

 まったく同じ美しい顔が二つ並んでるってのは、絵になるもんですねえ。
 願わくばその絵に入りたい。

 志茂文彦『乙女革命アヤメの!2』(MF文庫J)

 目覚めると見知らぬ美少女になっていることに気付いた、記憶喪失の主人公。自分が誰なのか――男だったのか女だったのかすらわからない彼女の現在の容姿は、何故か花時雨学院のアイドルにして、学院の支配を目論む腹黒少女・佳代花姫子に瓜二つ。
 姫子によって「アヤメ」という名前を与えられた主人公は、彼女の影武者としていいように利用されるのですが……
 はい、1巻感想はこちら

 そして2巻を読み、わかった事実はといえば――
 殆どないね!(笑)
 TSかどうかは今回も不明のままです。
 姫子に言わせれば「たぶん以前も10代の女の子だっただろう」。
 アヤメの方は「もしかしたら男だったかもしれない」。
 当人たちはこのぐらいの意識です。
 真実を知っているらしい謎の少女も出てくるのですが、なんと情報公開を先送りすると宣言されてしまいました。
 ……待てよ。もしかして本が売れれば売れるほど先送りになるんじゃあ<嫌な指摘をするな

 まあ、一応望みは(薄いながらも)あるということで、カテゴリ移動は保留ですね。
 しかし元男だったら妬ましくもあります。
 とても心地良さそうな環境じゃないですか。あんな美少女と瓜二つになったうえに、いつも近くにいてしょっちゅうベタベタできるなんて。
 ……普段のアレな発言も本心ですけど、わたしは百合属性もあるんですよぉ。
 ああ、ベッドで姫子に優しく抱かれたり、たっぷり啼かされたりしてみたいですねえ。
 (↑姫子にお仕置きされそうな紛らわしい表現)

 アヤメの謎も学院の謎も殆ど明かされない中、今回動きがあったのは主に人間関係周りですね。
 「春日アヤメ」として堂々と学院に通えるようになったことから、姫子以外との関わり合いもぐっと増えています。新キャラが登場したり、以前脇役だった子がメインに乗り出してきたりで。
 わたしの一番のお気に入りは、お約束なツンデレツインテール(ただしデレ度高め)な蜂須賀樹里亜さんです。まあ、わたしはツン度9割なキャラとかが好きだったりするんですが、こうもわかりやすい可愛らしさを振り撒かれれば、頬も揺るみます。どんだけ姫子ラヴなんだと。
 けどこの娘、姫子とアヤメのすり替わりの被害を一番受けてるんじゃないだろうか(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg