2008年11月22日

『このラノ2009』の中身は……!

 欠かさず買ってる宝島社のラノベ企画本シリーズ、その最新刊『このライトノベルがすごい!2009』も勿論本日購入。

 「本命不在」と言われた今回の投票ですが、蓋を開けてみると圧倒的票数&ポイント数であの作品が1位に。おおお……ついにここまで来ましたか。
 3位にランクインしてるのはあれですし、今年は大金星ですねえ、このレーベル。
 栄光ついでに、19位の某作品にも注目しちゃくれませんかねえ(血涙)
 投票者一人あたりの投入ポイントが恐ろしく高いことの意味を、汲み取っちゃくれませんかねえ。

 今回ベスト10入りは固いと見て、あえて投票しなかった『とある魔術の禁書目録』の順位には満足。今までずっと投票してても届かなかったもんなあ。
 『ベン・トー』はもっと上に行くかと思っていたんですが……あまり読まれていないんですかね?
 「協力者」票では圧倒的なだけに、読んだ人間の評価はそうとう高いと思うんですが。
 林トモアキ作品が二つともベスト30に入っているのは嬉しいですけど、できればもっとインパクトのある順位をあげたかった!

 さて、全体的な結果に対しての反応はこれくらいにして――はい、今回も載っていました、「ライトノベルジャンル別ガイド」の「TRANS SEXUAL レッツ倒錯!」!!
 ほれ見たことかァーーーーっ!

 だから去年、関係者に「来年はないんじゃないの」と言われた時に「それはどうかな」という顔をしてたんですよわたしは!<んな表情伝わるかい
 だって、該当作増えてるんですもん。一時的なブームじゃないんですもん。
 去年の5作品に対し、今年は7作品を紹介。
 『えむえむっ!』が入っていたことにちょっと驚きましたが、これ女装キャラがいるんですね。
 ん〜、でもなあ、女装キャラメインでやってる話じゃないんですから、そのスペースに『桜ish』や『ふたかた』持ってくるのが正しいんじゃないですかね、編集さん?
 まあ、『えむえむっ!』そのものは気になってる作品なんですけど。「登場人物が変態だらけ」と聞いて、血が騒がないわけがありません(爆)

 そして、今回の「事件」といえば、キャラクター男性部門での、木下秀吉堂々の第1位!
 のみならず!
 キャラクター女性部門でも第10位! 男女両部門でのベスト10入り!(笑)

 じょ、女性部門は死票と化すリスクも大きいというのに、ここまで票が集まるとは……(わたしは男性部門で投票しました)。
 「そろそろ性別秀吉部門が必要です……」というコメントには激しく同意。

 うん、今年も充分楽しめる結果となりました。しかし、投票者が2年連続で倍増とは、たいしたもんだ……。


 ところで、今日は一緒にMF文庫Jの『乙女革命アヤメの!』も買ってきたのですが、果たしてこれはTS作品なのかどうか、気になります……。
 裏表紙の文章やカラー口絵を見ても確信が持てないとは予想外でした(^^;
 「気が付いたら美しい少女になっていた」「ただし記憶喪失」
 これは難しい。
 冒頭の部分を読む限り、元男である可能性が高いと判断。特攻してみることにしましたが、どうなんでしょうねえ。
 ん……? ちょっと待った。作者は志茂文彦さん? あの、ことごとくわたしの好きなアニメで脚本やってる?
 おいおいおいおいおいおいおいおい買って損なわけないじゃないですか!
 こりゃあイイもん見つけましたわ。
posted by nekome at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23232999
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg