2008年11月21日

『トランス・ヴィーナス』四回目!

 二ヶ月は長かったです、先生!
 『月間コミック リュウ』1月号の発売、待ち遠しかった……。
 基本的に漫画雑誌はほとんど買わない、単行本派なわたしなんですけど、隔月連載の『トランス・ヴィーナス』単行本となると待ち遠しいどころではなくなってしまうので、今月号もつい買ってしまいました。
 立ち読みだけじゃなくて、何度もじっくり読みたいんですよ、この作品は〜(^^

 さて連載第四回の『トランス・ヴィーナス』、今回の舞台はニューヨーク――って、なんだ見開き扉絵のカーマスートラ&バイブ持った自由の女神モドキはっ!(笑)
 相変わらずストレートにエロいこの方は、そういえば自称女神でしたっけ。

 ニューヨークに飛ばされた理由は思いっきり時事ネタで、「ウォール街に取り憑いた情報寄生体をなんとかしないと、米国がさらにヤバいことになって世界大戦かもよ」というもの。
 そして問答無用で女に変身させられるタケヒロですが……この漫画の変身シーンもなかなかエロいなあ。間違いなく感じちゃってるし。
 (マジョーリアンの変身シーンなんかはもっと凄かったわけなんですが)
 しかし本当に重要なのは――
 たまきひさおさんの描くTSっ娘の半泣き顔は猛烈に可愛いということです!!
 前回の扉絵なんかも素晴らしかったですもん。
 きっと今後もたくさん拝ませてくれるのでしょう。ありがたや。

 んで、変身して何と戦わせられるのかと思いきや。

  「赤いチ○ポか青いチ○ポ どっちか選んで抜いてちょうだい」
  「上のクチでも下のクチでもどっちでもいいから」


 またどストレートにエロ方面だなオイ!(笑)
 当然タケヒロは嫌がるわけですが、最後にセルダがとんでもない爆弾指摘を……。
 一般誌のTSっ娘相手に、ここまではっきりさせちゃうのは凄いなあ。
 タケヒロも順調に堕ちているようで。深遠の底でじっくり待ち受けさせてもらいましょうか(^^


 ちなみに、リュウの他の連載作品では『ねこむすめ道草日記』がかなり好きだったりします。
 蜘蛛萌えなわたしとしては、女郎と是非ともお友達になりたいところですね。
 ちゃんと本来の姿と会いたいのよ? 抱きつきたいの!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23205202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg