2008年11月16日

『コミックアンリアル アンソロジー 催眠術・MC編』

 『コミックアンリアル アンソロジー 催眠術・MC(マインドコントロール)編』

 もともとMCは大好物ですし、すべて描き下ろしということで購入したのですが、思わぬ収穫でした(^^
 催眠などによる操りだけでなく、精神同居的な憑依による操りが複数あります。

 『黒き花月』では、兄妹ペアの冒険者が敵の魔導師(?)を倒すのですが、妹のネイラが精神憑依魔法をかけられ、身体を奪われてしまいます。
 ネイラは意識が残ったまま身体を操られ、宿で兄を誘惑し……。

 『みゆんみゆんにしてあげる』では、チア部の少女、峰岸みゆが夜の公園で露出狂に遭遇。思わず殴り飛ばしてしまったところ、相手が死んでしまい、その拍子に憑依されてしまいます。
 そして、通りがかったクラスメイトの男子の前で痴態を晒させられ……。
 「身体の主導権を握られるが、喋ることはできる→口も勝手に動かされてしまう→魂が馴染んでしまい、露出狂の欲求と自分の欲求の区別がつかなくなる」といった具合に段階があるのが高ポイント。

 両作品に共通して残念なのは、男が憑依しているにもかかわらず、女の子っぽい表情や言動しか見せてくれないことでしょうか。
 痴態以外でも「別人格が身体を動かしていることによる違和感」を表現してくれると最高だったのですがっ!
 内面の声は本人・憑依者ともに充分な量が書き込まれているのですが、女の性感に対する感想が見られないのも残念です。いや、エッチな台詞自体は言ってるんですけど、普通のエロ漫画と変わりませんからねえ……。
 頁数もネックなのかも。

 とはいえ、実に美味しい素材であるのは確か。
 後日談を妄想せずにはいられませんね!
 特に『黒き花月』の方。
 この後、結局兄を殺させたんだろうかとか、その可愛らしい姿で悪名を轟かすことになるのかなあとか。<またそっちかよ


 TS抜きで見た場合、絵的に最も楽しめたのは『見てはいけない』ですね。
 魔眼に操られた囮捜査官の堕ち顔が素晴らしかったです。
 あー幸せそうだなぁー羨ましいなぁー(爆)
この記事へのコメント
個人的には本来の意識は残されたまま、憑依した存在が言動の自由をいつでも完全に奪える状態で、
「従わなければ、言動の自由を完全に奪って、大切な誰かに危害を加える」
という脅しを掛けられて、あくまでも憑依された本人がそういう言動を取らざるをえなくする、とかの方が良いなぁ……などと。<更に外道

考えている事とかも全て筒抜けなので面従腹背も出来ずに、しかもあくまでも実際にそれを行っているのは自分自身、という。
この場合、憑依されているのではなく、妄想なのではないかという不安感とかも凄くー(酷)
Posted by Alena at 2008年11月16日 12:49
>Alenaさん
外道がーっ! 皆さん、ここに外道がいまーっす!(←某図書隊情報屋の女風に)
それは……凄いなあ。精神力ゴリゴリ削られて堕ちてきそう。
そんな作品があったら、ダーク好きな人たちなんかは結構喜ぶと思いますよ(^^
Posted by nekome at 2008年11月16日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22918539
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg