2016年11月27日

わたしを衝き動かすオレ@

 玄関の扉を通り抜けた瞬間、全身に寒気が走った。自室へ向かい階段を登っている最中には、まるで走った後のように心臓が早鐘を打ち始めた。
 風邪かとも思ったが、こんな風邪のひき始めが今まであっただろうか。なんにせよ大事を取って、家族が帰ってくるまで布団で横になっていた方が良いかもしれない。
 そう思いながら勉強机の脇に荷物を降ろし、顔を上げた先で姿見に映った自分の顔が目に入った。
 肩の少し上で切り揃えた艶のある黒髪。垂れ眼がちながらも大きな瞳。卵型をした顔の輪郭に、白く肌理細やかな頬。
 見慣れたはずの自分の顔を、気付けば凝視していた。
「かわいい……」
 無意識のうちに呟いた言葉にハッとなる。
「な、なに言ってるんだろわたし」
 友達から「かわいい」と言われることはよくあるし、自分の容姿に自信がないと言えば嘘になる。でもいくらなんでも、自分の顔に見惚れあまつさえ賞賛するなんて、そんなナルシストだったつもりはない。
「やっぱり熱でもあるのかなあ」
 よく見ると鏡に映る頬はうっすらと紅潮しているようだ。熱のせいで頭がバカになっているから、あんなことを口走ったのかもしれない。これはますます寝て休む必要がある。




 けれども、自分に見惚れてしまうという感覚もなかなか悪くないものだ。自分の顔を間近で眺めていたからといって、誰かに咎められることもない。もう少しこのぼうっとした気分に酔ってみてもいいんじゃないだろうか。
 さらに鏡へ近づくと、そこに映った自分と見つめ合う。
 何度見てもひとつひとつのパーツが整っている。こんな綺麗な娘はそうそういないだろう。その顔を舐めるような距離で見つめるなんて、男なら恋人にでもならなきゃできやしない。けれど自分の顔なら遠慮なくいくらでも不躾な視線をぶつけられる。
 にっこりと微笑んでみる。どんな男でも蕩かしそうだ。
 顔を傾けて流し目を送る。こんな風に誘われてみたい。
 蔑みの表情も作ってみる。股間のモノがいきり立つのを感じる。
 ああ、鏡に映る瑞々しい唇にむしゃぶりついてしまいたい……。

「――って、何考えてるの!?」
 むしゃぶりつきたいってなに。そんなの、ナルシストの域すら超えている。まるで、ううん、信じられないんだけど、まるで、自分に欲情してるみたいだった。
 いや、それどころじゃない。もっと前からおかしかった。
 何を思って自分の顔を眺めていた? それこそ男のような視線と獣欲を向けてはいなかったか?

 男のような目で自分を――
 そう思いながら再び鏡を向いた視線が、下へと移動する。
 深い黒地のセーラー服。襟と袖口に入った白のラインが、黒の美しさをいっそう引き立てる。
 その厚手な冬服の布地すら美しく盛り上げる胸のふくらみ。つい最近Fカップになった。男子からちらちらと視線を投げかけられているのは自覚していて、正直なところ恥ずかしい。けど無理もない。こんな立派なおっぱい、男なら誰だって揉みたいに決まっている。
「やだ、またこんなこと……!」
 だって仕方ないじゃないか。わたしがこんなエロい身体つきをしているからいけないんだ。振る舞いは優等生でおとなしそうな顔をしているくせに胸は豊満で、ウエストは引き締まってるし、スカート越しにもわかるお尻の丸みは扇情的、脚もすらりと美しい。男を誘惑するためにあるようなカラダだ。
「違う、わたしこんなこと考えたくないのに、なんで……!?」
 自分をあさましい肉欲の対象にするイメージが止まらない。どれだけ打ち消そうとしても、さっきからおっぱいを揉みしだきたくてしょうがない。揉みたい。女子高生のおっぱいを揉みたい。セーラー服越しのおっぱいを揉みたい。
「はあ……はあ……揉みたい……ああ、ああああ……! も、もう我慢できな――だ、ダメ!」
 沸き上がる欲求を必死に抑えつける。負けちゃいけない。なんとか抵抗しないと。でも、わたしはいったい何と戦っているんだろう。
「――そうだ、わたし、なんで我慢してるんだろう」
 目の前にある、どころか自前の胸だ。手を伸ばせば触れられる。許可すらいらない。自分が揉みたいのならいつだって揉んでいいのだ。
「あふっ……。ふ、ふふっ、凄い……服の上からでもこんなに柔らかい……」
 知っているはずの感触が何故か新鮮に感じられる。もっと、もっと味わいたい。やっと念願叶って女子高生のおっぱいを揉むことができたのだ。30代のオッサンである自分が下手に女子高生に触ろうもんなら逮捕されてしまう。たとえ恋人同士になってもセックスできないとかふざけた話だ。高校生カップルが好き放題ヤってるのになんなのだこの不平等は。
「待って、違う! こんなの、こんなの違う!」
 あまりにも異常な思考が、まるで冷水のようにわたしの正気を呼び戻した。
 30代のオッサンってなに。女子高生に手を出したら逮捕? いったいどこからそんな考えが出てきたのか。
 自分の中に自分以外の思考が混ざり込んでいるような奇妙な感覚に襲われている。しっかしりないと。わたしは望月詩緒莉16歳。高校2年生。両親と姉との4人暮らし。身長156cm体重50kg。彼氏がいたことはない。オナニーは月2回ほど。まだ処女。
 頭の中で並べたプロフィールに、何故そんなことまで思い浮かべたのかと疑問が湧くが、そりゃあこの娘のことをすべて把握したいからだとすぐ納得する。
「処女かあ……ちょっと面倒くさいかな」
 けれど少しばかり気分が高揚する。穢れを知らないカラダを、これから好きなだけ淫欲に染めることができるのだ。
「まずはこんな風に……ふふっ」
 脇のファスナーを上げると、その隙間から手を差し込む。肌着の下へ潜り込ませた手でホックをなんとか外すと、ブラだけを引っ張り出し、改めて裾から手を突っ込む。
「ふ、へへ……すべすべの肌……手に吸い付くよ……女の子最高だよ……」
 今度は制服越しではなく、直に胸を揉む。むぎゅうっと掴むと痛みを覚えたが、掌に伝わる柔らかな感触による満足感が勝る。
「あはっ♪ ついに触っちゃった……女子高生のおっぱい……生乳……」
 むにゅんむにゅんと胸を揉みしだく度に唇が釣り上がってしまう。鏡を見ると、わたしは見たこともない俗悪な笑みを浮かべている。ショックを受けると同時に、わたしにそんな顔をさせていることへの愉悦が湧き上がり、心を覆っていく。
 セーラー服の下でもぞもぞと手が蠢く光景もいやらしく、自分のそんなはしたない姿にズキリと心が痛むも、その痛みすらスパイスとなって更なる興奮を招く。

 まったく、憑依とはまた素晴らしい能力を手に入れたものだ。冴えない童貞の俺がこんな風に女子高生の肉体を弄ぶことができて、そのうえ誰に裁かれることもないんだからな。
 しかも俺の意思を自分の意思だと誤認させてしまうというのが愉快だ。今この知識も筒抜けになっているのだが、わたしはすっかり俺と同期してしまったから抵抗しようとすら思わない。
 自分の心身を穢し、貶め、弄ぶことに悦びを覚える変態女が今のわたしなのだ。

「そう、これはわたしが望んでやってることなのよ♪ あぁん、わたし、凄くいやらしい顔してる……」
 優等生として通っていて後輩女子からも慕われているこの女が、プライベートとはいえこんな姿を晒すことがあるなんて誰も信じないだろう。
「でもわたし、これからもっとエッチなことしちゃうんだよ? 野暮ったいスカートだってこうすれば……」
 膝を隠すほどのスカートを両手で摘まみ、ゆっくりと持ち上げていく。じりじりと露わになっていく、思わずむしゃぶりつきたくなるような滑らかで白い太ももが鏡に映る。
 隠していたものを自らの意思で晒し、見せつけるようなポーズはただのミニスカートよりよっぽど扇情的だ。そのままパンツが見えるまで持ち上げると、白い三角地帯にはうっすらとシミが広がっていた。
「ふひっ、すっかりその気になってんじゃねえかこのカラダ」
 片手でスカートを持ち上げたまま、パンツの上から股間を撫でさする。
「あっ、これ……いいぞ……。記憶では知ってるけど、やっぱ初めて体験すると……んんっ、女の子の……感じ方……ふぅっ、興奮しちまう……!」
 鏡の中ではセーラー服を乱れさせた美少女が、上気しきった顔で股間にあてがった手を一心不乱に動かしている。
「うひ、うひひっ、この娘やらしすぎ……! いいオカズになるわ〜。……はぁん、わたし、自分のオナニー姿オカズにオナニーしちゃう変態なのぉ。あ、はぁっ、も、もう直接っ!」
 昂ぶる気持ちを抑えられず、パンツの中へ手を突っ込む。溢れ出た淫液に塗れた媚肉が指に触れる。ぷにゅっという感触とともに駆け巡る快感。
「はぅっ! お、おま●こ気持ちイイ……。あはっ、おま●ことか言っちゃった♪ こんな可愛い声で……あんっ、そうよ、おま●こ弄るの大好きっ。あっ、はぁんっ……!」
 にゅるん、にゅるんと指を滑らせてワレメを擦る。可愛らしい口から熱い吐息が漏れ、快感に腰をくねらせてしまう。
「んはぁっ、あぁんっ、こ、こんな姿、みんなに見られたら……ひぅっ! 軽蔑されちゃう……変態だと思われちゃう……うひひ、み、見せちゃいたいなあ」
 そんなことを考えたせいか下腹部が疼き、愛液がいっそう溢れてくる。つぷっ、とその源泉に中指を差し込む。
「お、ほおお……入ってくる……身体ん中に……。んんっ、指1本でも結構締め付けるな……」
 男にはない器官から伝わってくる感触への戸惑いと興奮。素晴らしい。セックスすらしたことのない俺が、今や誰よりもオンナの肉体を知りつつあるのだ。
「んっ、あぅっ、入り口の辺出し入れするのっ、はぅぅっ、気持ちイイっ!」
 じゅぷっ、じゅぷっという音とともにパンツにシミが広がり、ついには太ももを液体が伝って流れる。
「えひひっ、俺がこの娘をこんなに感じさせてるんだ……あぁもっと、もっとぉ……!」

 激しく出し入れを繰り返していた指をさらに深くへ侵入させようとするが、指先に抵抗が伝わってきて奥までは入らない。
「つぅっ……そういや膜があるんだっけ」
 やはりこんなものは邪魔なだけだ。最初からめいっぱい愉しめないなんて損でしかない。まあ普段はクリでイっているようだから今回もそれでいこう。
「はうぅぅっ!? 凄……! ここ……敏感っ……!」
 淫液塗れの指で包皮を剥きながらつついてやると、電流が走ったような衝撃が駆け巡る。
「あっ! くぅっ……! こ、これっ、ヤバすぎっ……あひぃっ!」
 加減して弄ってやらないと立っていることも難しくなる。噂には聞いてたけど、男のチ●ポなんかとは比べ物にならない強烈な快感だ。
「えひっ、ひィっ!? い、イイの……! クリチ●ポ凄いのぉ……! あひゃっ、クリチ●ポ、クリチ●ポでイっちゃうううう……!」
 品性の欠片もないほど蕩けきった表情で涎を垂らしながら淫核を弄り倒す。鏡に映っている色狂いの女は、わたしの姿をしていながらわたしの記憶の中にもいない。この浅ましい姿をしっかり目に焼き付けておこう。
「ああああクるっ、これ、キちゃうぅっ……! あっあっあっ、も、もうダメっ! はぅっ!? んぅ〜〜〜〜っ……!!」

 思わず床に膝をついてしまったが、男の時のような虚脱感はない。弾切れがないってのはありがたい話だ。全身が敏感になっているし、すぐにでも第2ラウンドに入れそうな気分だ。
「でもさすがにパンツがびしょ濡れで気持ち悪いな……んしょっ、と」
 立ち上がってスカートとパンツを脱ぎ捨てる。下半身をさらけ出したところで、ふと思いついた。
「どうせなら……今破っちまうかあ?」
 折角好みのカラダを見つけたんだ。今後はバイブとかもぶち込んでみたいし、邪魔な処女膜なんかさっさと取っ払うに限る。痛いとは聞くがこれだけほぐれていれば多少はマシだろう。
 化粧品とかで何か適当な太さの容器がないかと部屋を見回してみたが、記憶の中にもっと良さそうな形のものがあった。下半身裸のままで階下の台所へ向かう。
 もし今家族が帰ってきたら大変なことになるな。どんな顔をされるだろう、と想像するだけで股間から雫が垂れ、ぽたたっと廊下に落ちる。
 
 台所の流し台の上には、記憶どおり極太のキュウリがあった。
 スーパーに売っているような細くてトゲトゲなやつとはまったく別物だ。庭の畑で採れたこのぶっといキュウリは表面も滑らかで、キュウリというより「細長い瓜」と言った方が良さそうな形状をしている。
 これなら引っ掻いて痛いということもなかろうし、膣内に入れても大丈夫そうだ。太さといい長さといい申し分ない。咥え込んだ時のことを想像すると、眺めているだけで涎が出てくる。
 キュウリを手に自室へ取って返すと、姿見の前に立つ。
「んっふふ……逞しいキュウリさん、今からわたしの処女捧げちゃいますね〜。――そうだ、折角だから記念写真撮っておこっと♪」
 愛おしそうな表情でキュウリに舌を這わせながらパシャリ、ワレメに擦りつけながらパシャリ。
「ふへ、へへへ、も、もういいよね? カラダ期待しちゃってるし……じゃ、せー……のっ!!」

 愛液でぬるぬるになった極太キュウリを膣内に容赦なく押し込んだ瞬間――想像を絶する激痛に襲われた。
「い゛っ……!? いっでえええええええええええええっ!! なんっ、これっ、マジかよ……! クソ、付き合ってらんねえ……! ――――え。痛い痛い痛いっ!? 嘘っ? やだ嘘っ!? いやあっ!!」
 こんな痛みまで俺が無理に味わう必要はない。一旦出て行くか。そんなことを考えた直後、一瞬にしてこれまでの高揚感が消え去った。
「っぅぅ〜〜っ! 嫌ぁ……! こんなの、なんで……? わたし、なんでっ……!」
 血の伝うキュウリを急いで引き抜くも、今更取り返しはつかない。
 何故こんな馬鹿なことをしてしまったのか。そんなことはわかり切っている。記憶にはっきりと刻まれている。
 ほんの少し前まで、わたしは「女の子の身体を乗っ取った変態男」だったのだ。女子高生の肉体を思い通りに操れるのが嬉しくてしょうがなくて、男では味わえない快楽を貪れることに興奮していたのだ。
 わたしが恥知らずな淫乱少女に成り果てていくのを、誰よりもわたし自身が喜んでいたのだ。

 下腹部からズキズキと響く痛みよりも、嬉々として自分を貶めていた記憶こそが、ほんの一瞬前まで感じていた悦楽こそが、何よりわたしを苛んでいた。
posted by nekome at 18:30| Comment(7) | TrackBack(0) | 創作・憑依
この記事へのコメント
お待ちしておりました!
精神を少しずつ汚染していって記憶ごと乗っ取るタイプの憑依。堕とされていく女子高生の精神と、少女の身体をじっくり楽しむ描写が素晴らしいです。
そして処女喪失の場面で痛みのあまり離脱して元の少女に全部押しつけるという外道。さらに記憶が残るタイプの憑依という。
どこまでこの少女がもつかワクワクしますね。
Posted by 井澄ミスト at 2016年11月27日 21:25
>井澄ミストさん
お読みいただきありがとうございます!
どうせ自分の身体じゃないからと身勝手さを発揮してみました。
憑依中の行為の結果を押し付けるにしても、同期していた記憶が残る分、他のシチュエーションとはまた違ったタチの悪さだと自負しております(^^)
Posted by nekome at 2016年11月28日 20:12
早くも傑作の予感!
続きが楽しみです!
Posted by スガリ at 2016年12月01日 22:31
更新を心待ちにしてました!
地の文での一人称や視点の変化等で、男の精神が女子高生の精神を徐々に侵食していく様子を見事に表現していて...すばらしいです!
続編はあるのでしょうか?完全に掌握した少女の記憶と身体を使って、他の女性(母親とか?)を更に堕として乗っ取っていく...とか。妄想が膨らみます!
Posted by Kaguya at 2016年12月01日 22:48
>スガリさん
ありがとうございます!
期待されている方向性と重なるかはわかりませんが、一応この先も考えてはあります。
気を長くしてお待ちくださいませ。

>Kaguyaさん
また読みに来ていただいてありがとうございます!
変化の過程・さじ加減にはなかなか悩みましたが、楽しんでいただけて良かったです。
一応、この設定と主人公でいくつか書いてみるつもりです。
Posted by nekome at 2016年12月04日 08:16
更新嬉しいです!
Posted by なみな at 2016年12月09日 23:28
素晴らしいです!

倒錯的な欲望の描写が凄くキました!
次回も楽しみにしています!
Posted by サルジ at 2017年01月08日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177831206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner4.jpg