2012年02月20日

どっちを選ぶ?×2……だけじゃない?!『アイドルプリテンダー』1巻

 今週のTSモノ攻勢は一体どうしたことでしょうか。どれから読んでどれから感想を書くべきか悩ましすぎます(^^;

 で、まずは「俺が女の子になっちゃったら、百合かBLか、それが問題だ!」と帯の時点で始まりすぎているこの作品から行きましょう。

 晴瀬ひろき『アイドルプリテンダー』1巻(チャンピオンREDコミックス)

 主人公・因瑛太(ちなみえいた)は憧れの先輩に振り向いてもらうため、漢の中の漢を目指して日々荒っぽい生活を送っていた。
 しかし高熱で意識が朦朧としている時にうっかり怪しい薬を飲んでしまい――目が覚めた時には美少女の姿に!
 実はその薬、寮のルームメイトで変人の小栗圭介が大金をはたいて買ったもの。
 もう一度薬を買うためには、その美しさを活かしてアイドルになって稼ぐのが一番!と小栗に説得された瑛太は、漢の中の漢に戻るため、アイドル「ちなみ」として女を磨くことに……?

 「男に戻るために女らしくなれ! しかもアイドルとして!」という超速球展開。こういうの――大好きだぜ!
 ナルシストかつ女装趣味という小栗にワンピースをあてがわれてメイクまでほどこされ、鏡に向かったちなみの「俺がこんなに可愛いはずがない! 俺がこんなに可愛いはずがない!」という反応にはニヤニヤが止まりませんね。
 元の性格が性格なので、女らしく振舞うことに抵抗がある、けど外見はめっちゃ可愛い、という王道的ギャップ描写が充実していてたまりません。

 アイドルを目指す過程で、既にその業界で活動を始めていた憧れの先輩・北乃ユイカとお近づきになってしまったり、(変態だけど)なにかにつけて優しくしてくれる友人・小栗にときめいてしまったり、はたまた女装少年にも迫られたりして――!?
 男に戻って先輩に告白するか?
 女のままで先輩とつきあっちゃうか?
 女のままで友人とくっついちゃうか?
 多分ないけど、女のままで女装少年に身を許しちゃうか?
 性別の選択に恋愛ルートの選択まで絡まって、揺れ動くちなみの明日はどっちだ!

 TSっ娘をとりまくドキドキニヤニヤな要素が満載で破壊力抜群です。絵もひたすら可愛いですし大当たりですよこれはー。
banner4.jpg