2011年07月03日

それはギャグか狂気か真摯な問いか『僕の妹は漢字が読める』

 伏兵にもほどがある。


 発売前からラノベクラスタ外にも一気に話題が広まったので、ご存知の方も多いでしょう。
 
 かじいたかし『僕の妹は漢字が読める』(HJ文庫)

 舞台は23世紀。
 この時代の日本人は大半が漢字を読めず、21世紀では考えられないレベルで萌えと二次元を崇拝している。
 「正統派文学」はひらがなのみの特異な文体で描かれ、萌えとパンチラと無意味な脱衣に満ち満ちている。
 そんな日本で小説家を目指す高校生イモセ・ギンは、二人の義妹とともに、「正統派文学」の大家オオダイラ・ガイのもとを訪れる。
 敬愛するオオダイラと親交を深めることができたギンだが、ある日彼ら4人は謎の現象に巻き込まれ――

 発売前に興味を持った人の例に漏れず、自分も公式の立ち読みで内容を知って頭を抱えると同時に戦慄を覚えたくちです。
 これはもう実際に読んで頭抱えるのが一番。
 23世紀の日本ってのが、もう狂気を感じる次元ですからね。
 「文学は死んだ」なんてレベルじゃないぞ(^^;

 それで、持て囃されているのがこう……途轍もなく「軽薄」で「低俗」な作品群なわけです。
 オオダイラ文体に至ってはもう、「低俗」とかいう次元ですらなくて、まともな神経では読むことさえできない。


 そんな社会を描くことで、作者は何を見せようとしているのか――凄く気になるから買ったわけですが、ええ、このブログの記事を読みにきてる以上、気になるのは別のことかもしれませんね(^^;
 いいでしょう、まずはそっちの要素について。

 「伏兵」って言ったのはこっちのことです。


続きを読む
banner4.jpg